フルート 協奏曲。 フルート協奏曲 (イベール)

協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

クライスラーによるヴァイオリン用の編曲が有名。 因みに、このディスクはマイナルディのBOXに含まれる一枚であるにも関わらず、マイナルディが参加していない録音が幾つかあるが、恐らく元々LP時代にバウムガルトナーの指揮によるバロック協奏曲集として発売された物をそのままCD化しているのだろう。 軽快になっており、階段を上り下りするような、軽快で明るいもの。

5
283 1908年• 若干録音に古さを感じなくはないが、ヘルミスのハープはロココの雅を体現しているし、シュミッツのフルートも味わい深い。 ALPHAレーベルの豊富なカタログから、クリスマスにちなんだ作品を集めて。
協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

1745-1801 - 第1番 ト長調 Op. でも、不思議なことに、ふわ~っと、丘のうえで、寝っ転がっているような気分に。

13
「どぉ~しらそふぁみれど ふぁ~そふぁみれどしらそ ふぁふぁふぁふぁ・・・」 2楽章は、ゆったりしているラルゴの楽章だが、「ふぁらど ふぁどら ふぁ~」と、こちらもスケール状態である。 1楽章 「そぉ~っどぉ~みっ そぉ~っどみっ そぉ~どみ そぉ~どみ・・・」と言う、警告音のような、パラパラパラ~という短い序奏のあと、「れぇ らぁ~し れ ら ふぁれらしぃ~ どぉ~み」って感じの軽快な主題が出てくる。
協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

出来ればランパルにフルートを吹いて欲しかったと思わないではないが、作品の良さは味わえるし、グリミネッリも伊達にランパルに可愛がられた訳ではないという所を聴かせてくれるので、これはこれで良いと思う。 序奏部分は、やっぱりブラス部分の明るくて、ちょぴり割れた音の構築、弦の、タララ ラララ ラララ~というリズム感、 中盤は、全く色の違う主題が入ってきて、横笛的に、風をイメージする音が入ってくる。 )を果たしたと言っても過言ではあるまい。

4
当時、フルート奏者だったマルセル・モイーズのために書かれた作品です。 なかでもの作品のうち標題のついた「海の嵐」、「夜」、「五色鶸(ごしきひわ)」がよく知られている。
協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

鼻に詰まった音ではあるのだが、風のそよぎのようなフレーズが続くのだ。 録音は1975年のドイツ・グラモフォン。

10
「Amazon Music Unlimited」ならこのアルバムを含め、ジャック・ズーン、シャロン・ベザリー、ゴールウェイ、ガロワ、ベネット、ツェラー、ランパル、マリオン、ニコレ、など新旧のアーティストの録音が気軽に聴き比べできますよ!. では、フルーティストとしては誰がいい演奏をするんだろう。 音質は、従来CD盤でも十分に良好な音質であったが、今般、ついに待望のSACD化が図られることになった。
協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

「Compulsion Island」はフィンランド放送交響楽団の委嘱作で、多層に渡る豊かな音が交錯するドラマティックな曲。 そしてこのアカデミー室内管の録音は、大変良い音です。

8
フラウト・トラヴェルソは低音では時に尺八の様な響きを聴かせ、また時にはグラス・ハーモニカの様な響きに思われる事もある。 また、違う演奏で聴いてみたいと思う。
協奏曲 フルート 協奏曲 フルート 協奏曲 フルート

当時のスイス・クラーヴェス・レーベルの音はど れも2KHzぐらいの中域に明るい張りがあ り、残響が長めですが、そのよく響く中域もドイツ・グラモフォンにありがちだったようなバランスになる手前で踏みとどまっているので耳 にキツくはならず、艶があって瑞々しく、大変美しい音です。

これほどの気品に満ちた演奏には滅多に出会えるものではな く、ちょっと真似ができない音楽なのです。 Pf 作曲家時代 近・現代 作曲家生国 Japan 難易度 C * 出版社 MURAMATSU 出版No. 1948- - Concerto pifferaro• 1924年• なーんていう構成なんだろう。