レボフロキサシン。 レボフロキサシン副作用 :感染症系

レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

(効能又は効果に関連する注意) 〈咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、感染性腸炎、副鼻腔炎〉「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与すること。 歯冠周囲炎• 過敏性血管炎 主な相互作用 [ ] 他の薬剤との併用により、自身の効力減弱や増強または併用している薬剤の効力に変化を及ぼすが報告されている。 レボフロキサシン錠100mg「ファイザー」/ レボフロキサシン細粒10%「ファイザー」 【ファイザー】 特長• 結核症• 慢性呼吸器 病変の二次感染• 授乳婦 年齢や性別に応じた注意喚起• リンパ節炎• 肺炎球菌• 本来、不必要な抗菌薬の使用は耐性菌の原因にもなるため避けなければなりません。

7
前立腺は膀胱の出口のあたりに存在して、射精と排尿の調節を行っています。 ・基本的には使用しません。
レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

症状によって量が増減することがあります。 大動脈瘤のリスク因子を有する• 容器と触れることで、目やにや雑菌によって薬が汚染されることがあるためです。

20
• 効き目が少ないのにクラビットを使用したり、漫然と長い間使用したりすることのないように注意する必要があるのです。 尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。
レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

以下の方は、基本的に禁忌です。

7
てんかんなど けいれん性の病気、重症筋無力症、あるいは重い心臓病のある人は、病状の悪化に注意するなど慎重に用いるようにします。 高齢者 点滴静注• 1273-1282, :• 抗菌スペクトルが広く、呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ、ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジに対しても有効性を示すのが特徴です。
レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

結核の治療をせずに症状が進んでしまうと、呼吸が満足にできなくなります。 Ccr<20 初日500mgを1回、3日目以降250mgを2日に1回投与する。 ・その他、クラビットを使用するとき クラビットは クラミジアや 淋病といった性器の感染症にも用いられることがあります。

15
セフェム系やペニシリン系では効果が期待しくいときに使用する。
レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

岡崎治、『ニューキノロン系合成抗菌剤レボフロキサシンの体内動態』 化学療法の領域 10, 68-73, 1994, 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 不整脈• したがって、他に飲んでいる薬を必ず医師や薬剤師に伝えましょう。

クラビットはこの2次感染の治療や予防のために用いられることがあります。 また、クラビットはあまり食事による影響を受けません。
レボフロキサシン レボフロキサシン レボフロキサシン

<クラビット点眼液の用法・用量> クラビット点眼液は、1回1滴を1日3回で使用します。 QT延長を起こすことが知られている薬剤 デラマニド等 QT延長を起こすおそれがある。

そこで、これら感染症を治療するために用いられる薬として クラビット(一般名:レボフロキサシン)があります。