今日 も 拒 まれ て ます さい な らっきょ。 過去の記事

らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

一 いっ 方 ぽう, 同 おなじように 渡 わたろうとしたエジプト 人 じんは, 海 うみにのみ 込 こまれました。 かれら 言 いふ『ユダヤのベツレヘムなり。 「わたしは 知者 ちしゃ の 知恵 ちえ を 滅 ほろ ぼし、 賢 かしこ い 者 もの の 賢 かしこ さをむなしいものにする」 と 書 か いてある。

1
我 われみづから 權威 けんゐの 下 したにある 者 ものなるに、 我 わが 下 したにまた 兵卒 へいそつありて、 此 これに「ゆけ」と 言 いへば 徃 ゆき、 彼 かれに「きたれ」と 言 いへば 來 きたり、わが 僕 しもべに「これを 爲 なせ」といへば 爲 なすなり』 〘10㌻〙 イエス 聞 ききて 怪 あやしみ、 從 したがへる 人々 ひとびとに 言 いひ 給 たまふ『まことに 汝 なんぢらに 吿 つぐ、 斯 かゝる 篤 あつき 信仰 しんかうはイスラエルの 中 うちの 一人 ひとりにだに 見 みしことなし。 今日 きょう の 第二 だいに 朗読 ろうどく 、「 使徒 しと パウロのフィリピの 教会 きょうかい への 手紙 てがみ 」の 中 なか の 終 お わりの 部分 ぶぶん は、イエスの 愛 あい が 素晴 すば らしく 謳 うた われています。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

〘1㌻〙 かれ 子 こを 生 うまん、 汝 なんぢその 名 なをイエスと 名 なづくべし。 羊 ひつじ の 群 む れが 増 ふ えてくると 楽 らく な 生活 せいかつ が 出来 でき ます。 食 たべ 物 ものによって 心 こころが 強 つよくされるより, 惜 おしみない 親 しん 切 せつによって 心 こころが 強 つよくされる 方 ほうがよいのです。

11 今 いま の 今 いま まで、わたしたちは 飢 う え、かわき、 裸 はだか にされ、 打 う たれ、 宿 やど なしであり、 12 苦労 くろう して 自分 じぶん の 手 て で 働 はたら いている。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

そして、 復活 ふっかつ なさったイエスは、 御自分 ごじぶん が 捕 と らえられた 時 とき 、 御自分 ごじぶん を、 知 し らない、 関係 かんけい が 無 な いと 言 い ってしまったペトロを 赦 ゆる して、あらためて 教会 きょうかい の 頭 かしら としてくださいました。

4
また、 一緒 いっしょ に 十字架 じゅうじか につけられていた 強盗 ごうとう の 一人 ひとり に「はっきり 言 い っておくが、あなたは 今日 きょう わたしと 一緒 いっしょ に 楽園 らくえん にいる」 ルカ 23・ 43 と 言 い った 言葉 ことば には、イエスの 赦 ゆる す 愛 あい がはっきりと 示 しめ されています。 あらゆる 点 てんで 私 わたしたちと 同 おなじように 試 ためされ,しかも 罪 つみがない 方 かたです。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

しかし、 大切 たいせつ なことは 私 わたし たちがどういう 心 こころ で 働 はたら いているか、ということです。

私 わたしたちの 主 しゅがユダの 子 し 孫 そんであることは 明 あきらかですが,モーセはユダ 族 ぞくから 祭 さい 司 しが 出 でることについては 何 なにも 語 かたりませんでした。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

また、 誰 だれ かがそのような 態度 たいど でいる 時 とき 、 周 まわ りは 苦労 くろう することになります。 その 家 いへもし 之 これに 相應 ふさはしくば、 汝 なんぢらの 祈 いのる 平󠄃安 へいあんは、その 上 うへに 臨 のぞまん。

16
「 主 しゅ よ、 兄弟 きょうだい がわたしに 対 たい して 罪 つみ を 犯 おか したなら、 何回 なんかい 赦 ゆる すべきでしょうか。 娘 むすめその 母 ははに 唆 そゝのかされて 言 いふ『バプテスマのヨハネの 首 くびを 盆󠄃 ぼんに 載 のせてここに 賜 たまはれ』 王 わう、 憂 うれひたれど、その 誓 ちかひと 席 せきに 在 ある 者 ものとに 對 たいして、 之 これを 與 あたふることを 命 めいじ、 人 ひとを 遣󠄃 つかはし 獄 ひとやにてヨハネの 首 くびを 斬 きり、 その 首 くびを 盆󠄃 ぼんにのせて 持 もち 來 きたらしめ、 之 これを 少女 せうじょに 與 あたふ。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

斯 かくてヘロデ、ヨハネを 殺 ころさんと 思 おもへど、 群衆 ぐんじゅうを 懼 おそれたり。 「 神 かみは7 日 か 目 めに 仕 し 事 ごとをやめて 休 やすんだ」。

神 しん 聖 せいにされなければ, 誰 だれも 主 しゅを 見 みることはできません。 イエス 家 いへにいたり 給 たまひしに、 盲人 めしひども 御許 みもとに 來 きたりたれば、 之 これに 言 いひたまふ『 我 われこの 事 ことをなし 得 うと 信 しんずるか』 彼 かれ 等 らいふ『 主 しゅよ、 然 しかり』 爰 こゝにイエスかれらの 目 めに 觸 さはりて 言 いひたまふ『なんぢらの 信仰 しんかうのごとく 汝 なんぢらに 成 なれ』 乃 すなはち 彼 かれらの 目 めあきたり。
らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい らっきょ ます 今日 も な 拒 て まれ さい

パウロは 何回 なんかい も 同 おな じようなことを 言 い っています。

9
〘9㌻〙 僞 にせ 預言者 よげんしゃに 心 こゝろせよ、 羊 ひつじの 扮裝 よそほひして 來 きたれども、 內 うちは 奪 うばひ 掠 かすむる 豺狼 おほかみなり。 人々 ひとびとイエスを 訴 うったへんと 思 おもひ、 問 とひていふ『 安息 あんそく 日 にちに 人 ひとを 醫 いやすことは 善 よきか』 彼 かれらに 言 いひたまふ『 汝 なんぢ 等 らのうち 一匹 いっぴきの 羊 ひつじをもてる 者 ものあらんに、もし 安息 あんそく 日 にちに 穴󠄄 あなに 陷 おちいらば、 之 これを 取 とりあげぬか。