ベンツ e クラス ステーション ワゴン。 【メルセデスベンツ Eクラスセダン&ワゴン 新型試乗】1.5Lとは想像もつかない走り…島崎七生人

ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

「W124」は、初代Eクラスコード番号である。 いわゆるタッチセンサーだ。

7
2005年8月以降は信頼性が改善された「SBC」は、マイナーチェンジを機に廃止されたが、多くの顧客を失ったことにより、このモデル以降Eクラスの販売はCクラスに比べ順調とはいかなくなった。 E240• これは定員8名の6ドアのリムジンであるが、単にホイールベースを延長したものではなく、メルセデス・ベンツ本社がホワイトボディ(車体構造を形作る段階のもの)より製作しリムジンの懸念材料である剛性低下を抑えていた。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

パワーウィンドウ• クラウンなどの大型セダンでも幅1800くらいまでにとどめてあるのは、日本の道路事情を考えてのことなんですね。 29の値となった。

19
オートライト• E250 アバンギャルド• 下のスペースもかなり広い。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

さらに開口部の高さが一番低く、使い勝手が良い。 またスモールオフセットについては評価されていない。

なお、ナビゲーションはチューナー (日本仕様のみ)を搭載しDVDからHDDへと変更されている。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

1985年から1993年まではミディアムクラスの名称で販売されており、Eクラスと変更された後も位置付けは変わっていない。 実に洗練された印象すらもつ。 セダンやワゴンにうってつけのAGILITY CONTROL また標準装着されるAGILITY CONTROLサスペンションは、シンプルな構造の可変ダンピングシステムで、通常の走行状態からハードなコーナリングに移ったような場合、クルマをしっかりと安定させてくれるなどの臨機応変さがいい。

シートヒーター• Eクラスのインテリアは従来から高級感に満ちあふれていたが、やはり磨きがかかった印象で、高級車の代名詞にふさわしい上質、かつ落ち着いたムードを漂わせている。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

パークアシスト 過給器• ボディ姿勢が乱れることも少なく、常にフラットライドな安定感を保ちます。 しかも御三家のワゴンは、ある時はビジネスエクスプレス、またある時は遊びのアシとして大活躍してくれる。

16
ベンチシート• 日本車から乗り換えた時に感じた、戦車のような、鉄の塊に守られている!という感動があって、それ以降乗るならMBと思っていたので211を選びました。 E350 ブルーテック アバンギャルド AIRマティックサスペンション装着車• 5リットルターボ+BSGの走りは 試乗車はセダン/ステーションワゴンともに「E200 Sport」のBSG搭載モデル。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

【エンジン性能】 550で、5500ccV8NA、380ps、45kgくらいの性能だったと思います。

15
刺激的な走りを楽しみたい人はE400かAMGグレードを選択しなければいけません。 ブレーキも穏やかにきき始めて、終始ソフトな感じです。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

E350 アバンギャルド スポーツパッケージ• Eクラス ステーションワゴンのヘッドランプカスタムをチェックしてみてください。 シート側面には適度なサイドサポートがあり、ワインディングでも体の安定感を失う事はありません。

Eクラス ステーションワゴンのホイールカスタム カスタムの王道「ホイール交換」。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

アウディA5は1,855、BMW5シリーズは1,860です。 2017年6月には、5シリーズ・ツーリングが日本でデビュー。

12
ただし、ステーションワゴンになるとセダンと違って「パーソナル」な雰囲気があるんで、社用車よりも普段使いの遊び車のほうがしっくりきます。
ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス ステーション ベンツ e ワゴン クラス

フラッシュサーフェイス (外板の平滑化)が推し進められた結果、メルセデス市販車では史上初となる0. そのため、都市部の狭い路地を頻繁に利用する人にはちょっと使い勝手が悪いかもしれません。 そのため、お金に余裕があって自分が運転する使い勝手の良い車を探しているけど、上質感や高級感にも妥協したくないと考えている人にピッタリの一台となります。

フルスロットルで、0km加速は、それはそれはアメ車の大排気量車のごとく、グワーっと豪快です。 E200 4マチック アバンギャルド AMGライン 4WD• クリーンディーゼル 内装• サーキットを走らなければ、街中や高速道路まであらゆるところでストレスフリーなドライビングを楽しむことが出来ますね。