比企 谷 八幡 ss。 折本 「私、比企谷にアタックする事にした」【俺ガイルss/アニメss】

八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

ご了承ください。 これでもう二度と争いは起きなくなる。 !」 八幡 「おい、雪ノ下」 雪ノ下「なにかしら?」 八幡 「今、この暑いのにコートを着た不審人物がドアを開け、俺の名前を呼びながらこちらに向かってきているのだが. はぁ、噂上俺はレイプ未遂犯になってるってことだ。

1
なぜ俺はこんなところにいるのだろうか。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

」 女子A 「訂正すんのやめよっかなぁ~」 八幡 「・・・人を本気で好きになった事なんてないからまだよく分からん。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 医者「恐らく. 過去には多くのでバックれた経験もあるが、の仕事は逃げられないのもあってそれなりにしっかりとやっている。

4
でも常に周りに気を張ってなきゃいけないからそれが面倒くさい」 折本 「でもそんな簡単に噂消えたりするのかな?」 八幡 「噂好きの奴なんて興味のないもんならすぐ忘れるだろ」 折本 「そんなものかなぁ?」 八幡 「そんなもんでしょ」 ~ 折本 「そんじゃ今日はもう帰るね」 八幡 「おう。 頑張ってね」 いろは 「ありがとうございますぅ。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

と、同時にいろはには泣いて欲しくない、という感情も生まれ始めていた。 冷蔵庫にはサラダが入ってます。

11
比企谷「雪ノ下がから出て来た」 比企谷「おい、まじかよ…」 雪ノ下「…あら?」 比企谷「…うっす」 雪ノ下「こんなとこで会うなんて…奇遇ね」 比企谷「ああ、そうだな…その…俺は何も見てないことにするから気にすんな」 雪ノ下「何がかしら?」 比企谷「いや、なぁ…」 雪ノ下「ここから出て来たことに関して?」 比企谷「まぁそうだな…その、大変だなお前も」 雪ノ下「…なぜ他人事みたいに言ってるのかしら?」 比企谷「ん?」 雪ノ下「あなたももう父親になるんだから…その…しっかりして」 比企谷「…は?」 比企谷「ちょっと待て」 雪ノ下「何かしら?」 比企谷「いや、なんかおかしい。 あんまいっぱい選ぶと読めなさそうだし」 八幡 「ま、ゆっくり選べよ」 折本 「そうする」 ~ 折本 「・・・」チラッ 八幡「・・・」ペラッ. 俺、男は戸塚以外認めねえぞ」 男「違うよー。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

ね?」ニコッ 八幡 「それ荷物持ちに呼ぶだけだろ?」 いろは 「違いますよ。 女子Aさん」 女子A 「こんなとこで何やってんの?」 八幡 「いや俺はこいつの. 今から本屋にいく所だよ」 折本 「なら丁度いいね。 お前達は、まだあいつから何も聞いていないんだったな?」 結衣「はい。

18
私も聞かれたら答えらんないだろうし 笑 」 折本 「そんなもんだよね」 女子A 「じゃあ今はどうなの?」 八幡 「は?今?」 女子A 「そう!今の印象は?」 折本 「・・・」ドキドキ 八幡 「い、今は. 今、俺が感じているこの気持ち。 ……起きなさい、比企谷君。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

比企谷に次の本借りる約束してるから」 「ああそういう事。 別に気にするな。

友達の布団の匂い嗅いでしまったの。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

だから、もう泣かないでくれ」 何も感じてないような表情の八幡だったが、自分をこんなにも大切に思ってくれている人が居て心が何か暖かくなるのを感じていた。 誰にアタックされてるか教えてないかな~」チラッ 八幡 「ぐっ. んでそのあとこいつに無理矢理連れてこられて」 いろは 「違いますよ!これは放課後デートってやつですよ!」フフン 八幡 「お前、今日の事あいつらには言うなよ?ただでさえ海老名さんの事で敏感になってるんだから」 いろは 「え~それは今日の先輩の態度次第ですね」フフン 八幡 こいつ. ガチャ 小町 「あ、お兄ちゃんおかえり~! 」 八幡 「おう. 口いっぱいに、こしょうとチョコ?の味が広がり. 小町、支度は出来たか?」 小町「うん。

10
ペラッ 折本 「そ、そういえば噂ってすごいよねー。
八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷 八幡 比企 ss 谷

私は私の好意を通すことで由比ヶ浜さんに拒絶されてしまうことが怖かった……」 結衣「ゆきのん……」 雪乃「確かにあなたの言う通りだわ。

10
だから」 折本 「私と付き合ってください」 八幡 「俺は. あんたが気にする必要はないと思うぞ。