該非 判定。 該非判定書(非該当証明書=Parameter Sheet)

判定 該非 判定 該非 判定 該非

その場合、輸出貨物(技術)が、「リスト規制の非該当貨物」であることを宣言するために、該非判定書(非該当証明書)を税関に提出する必要があります。 。

18
以下、無償特例の主要なものを挙げますので、参考にして下さい。 ここでは、上記特例の中から、、、のご説明をさせていただきます。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

該非判定をすべき者 該非判定をすべき者は輸出者です。 以下同じ。 輸出貿易管理令別表第 1による該非判定 規制項番の規定に該当するか 1. この場合、貨物本体が非該当のものであったとしても、該当する部品等の輸出許可が必要になることがあります。

7
通常兵器の開発、製造又は使用に用いられるおそれがあるとして通知を受けた場合に許可申請が必要になります。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

この確認することを「該非判定(がいひはんてい)」と言います。 注2 他の貨物の主要な要素となっているか否かについては、量、価額などを考慮して判断するものとする。 注3 電子部品にあっては、半田付けの状態にある場合には、他の貨物と分離しがたいと判断される。

18
4.2の資料を基にして、を見比べて該非判定します。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

いずれにせよ、規制対象となる「伝送通信装置」の「部分品」「附属品」も規制対象となります。

17
html URLは変ることがあります 該非判定に際して参考となるもの 項目別対比表 CISTEC パラメータシート CISTEC 輸出管理品目ガイダンス CISTEC 上記情報は2014年12月20日現在のものです 分かりづらいところは以下の「専門家に聞く」専用メールフォームを利用して聞いて下さい。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

そこで、貴社既納の製品についての該非判定書の発行を依頼致します。 該非判定をするときのポイント 該非判定をするときの最も大きなポイントは、自社の商品が「輸出貿易管理令のどこに該当するのか?」を正しく確認することです。

該非判定書というイメージに合わず途惑った記憶があります。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

但し、不定期ですが1年に1回位の頻度で政省令の改正があります。 この該非判定は、その商品を製造した「メーカー」が行うことになっています。

「 」をつけた言葉には、それぞれ意味があります。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

ご紹介のように、CISTECでは該非判定に関する様々な支援ツールを作成しておりますので、是非ご活用下さい。

15
該非判定の具体的な確認方法としては、経済産業省の安全保障貿易管理のウェブサイトに掲載されている「貨物・技術のマトリクス表」で確認します。 ただし、「部分品」に用語の解釈あり。
判定 該非 判定 該非 判定 該非

輸入者または最終需要者から入手した契約書、注文書やFAX、E-mailなどの情報に基づき「核兵器開発省令」と「通常兵器開発省令」(まとめて「おそれ省令」と呼ばれます。 輸出貿易管理令では、武器開発につながる恐れがある物をリストで規制したり、リスト外の物については「一括規制(キャッチオール規制)」をしたりしています。

5
政省令等改正後において貨物等の該非判定結果が変更となる等の場合、いつの時点の法令等かも記載しておくことが重要です。 ア 依頼時、入手目的を明確にすること リスト改正時の取扱貨物等の該非データベースの更新や社内工場設備等の調査など、輸出通関以外の目的で該非判定書の作成/発行を依頼する場合には、その目的等を文書等(文例参照)にてメーカー等に説明し、理解を得た上で依頼して下さい。