サンチアゴ 航空 513 便 事件。 サンチアゴ航空513便事件

513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

しかしホワイトは開拓半ばで本国に戻らなければならなかったんです。

6
なんだかちょっと損した気分だ。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

脱出できると、考えられない距離を短時間で移動している。 機長がフラップ格納時の適正な計器表示を関連付けて解釈出来なかったために、回復に必要な操作をする充分な時間が与えられなかった。 このタブロイド紙をまともに信じる人も中にはいたのでしょうが、多くの人は信じませんでした。

17
翻ってみるに、この事件は、「USO! すると、一時的なプラズマのトンネルの出来上がりです。 従って1954年当時の旅客機に、着陸が可能な自動操縦装置は存在せず装備され得ない。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

サンチアゴ航空513便事件 サンチアゴ航空513便事件 (1954) 1954年9月4日、乗員・乗客92名を乗せ、西ドイツ(当時)のアーヘン空港からブラジルのポルトアレグレ空港へ向けて出発したサンチアゴ航空513便(機種:ロッキード社、L-1049スーパーコンステレーション)が、大西洋上で消息を絶った。 88回クルーズでは11月21日が消滅日、つまり、なかったこととなった。 その後、気を取り直した空港関係者はすぐさま、この旅客機の乗員の救助と調査を開始した。

7
また悪天候などによる急な移動も考えられます。 まずは事件の概要を確認しておきましょう。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

脱出できないと、消失事故となる。 更に号にも、着陸日時が違うだけの全く同じ内容の事件を報じ、ボゴタに着陸したのが1994年、55年後の出来事であると改めて伝えている。 なので、 時差調整日の深夜12時になったら、時計の針を深夜11時に巻き戻す。

12
例えば88回クルーズが帰ってきたのは12月6日なのだが、ピースボートの船内のカレンダーは12月5日になっているのだ。 管制官や空港関係者はただただ困惑するばかりであった。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

htm より引用 細部は大分異なるが、登場する機種がL-1049スーパーコンステレーションと、サンチアゴ航空513便失踪事件と同様である。

5
結論として、このタブロイド紙のでっち上げネタ記事であったと思われる。 この事件に関する物証はなく、これに該当する事件もなかったことが明らかになっている。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

。 2014年3月に消えた、マレーシア航空機のニュースは耳にした方も多いと思います。 関連項目 [ ]• 節の名称を「疑問点」とせず、「反証」とする。

ここまで、サンチアゴ航空513便事故について、その検証と可能性について科学も交えてお話ししてきました。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

事故機は1953年に製造された。 --() 2012年12月20日 木 12:22 UTC もともとソースがひとつも提示されてない記事で私の編集だけ事実誤認で、ソースがひとつもない以前の記事を信頼性があるとするのは無理があるかと。 しかし2005年に存在しない航路が1954年に存在したとも思えない。

5
この旅客機は、35年前の1954年9月4日の早朝、ポルト・アレグレ空港へ向けて旧西ドイツのアーヘン国際空港を飛び立ったサンチアゴ航空の513便 機体はロッキード コンステレーション)だったのである。 そして恐る恐る、中に入ると・・・。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

軽いメタンガスはそのまま真上に巨大な柱をつくり、そこを飛行機が通過するとエンジンに引火して爆発してしまうのです。 しかし、フライトの日時や便名、空港の名前などが結構きちんとしているところに謎を解くヒントがありそうですよね。

12
事件に関する傍証 [編集 ] この事件に関する物証はなく、これに該当する事件もなかったことが明らかになっている。
513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便 513 事件 航空 サンチアゴ 便

ウィークリー・ワールド・ニューズは、記事中においてサンチアゴ航空 Santiago Airlines はに廃業したと述べているが、サンチアゴ航空という航空会社はの記録に存在しない。 それはそうと、私も「サンチアゴ航空513便事件」への改名に賛成です。

20
ブラジルの新聞や他のマスコミ、例えばポルトアレグリ(こちらの発音に近い)発行のZero Horaなどに、該当事件の記事がない。 記憶もないのだ。