日本 ビル ファンド。 日本ビルファンド投資法人| ポートフォリオ

ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

0:00 はじめに 0:44 視聴者様の質問 2:30 日本ビルファンドの投資口価格の確認 3:20 日本ビルファンドの大型増資と購入オフィスビルの解説 6:59 大型増資のカラクリをズバリ解説 9:54 今後のオフィスリートの予想 10:37 まとめ 〇コメント質問の回答はサブチャンネルで公開中。 第36期(2019年6月期)は2物件取得2物件売却の物件入替が確定しており、ポートフォリオの平均築年数が19. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。

前職では、J-REIT市場創設前となる2001年2月から不動産証券化に関するポータルサイトを5年間運営。 J-REITは主要な投資主に各種年金や投資信託、さらには日本銀行までが含まれる、日本の資本市場・不動産市場の重要なプレイヤーだと思います。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

調達した資金は、「新宿三井ビルディング」、「グラントウキョウサウスタワー」の取得資金の一部に充当します。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 (「ダイワ・ダイレクト」コースのお客さま)• 日本ビルファンドマネージメントの田邉です。

17
営業利益は178億2,800万円、当期純利益は166億400万円を予定しています。 3-6 財務(1/2) 続いて、21ページにお進みください。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

この半年は58万円台が下値となっていますが、すでに近い水準まで下げており、需給悪化でさらに下げるようだと下値を割れる可能性もありそうでしょうか。 比率(%)• 最後になりますが、コロナウィルスの影響による経済停滞をはじめ、世界経済における不確実な要素が顕在化しつつありますし、日本においても多くの企業において減速感が散見されるようになっていきました。

7
オフィスマーケットを取り巻く環境も、テレワークの活用やコミュニケーションスペースの必要性など、新しい要素が加わる中で、企業が当面の床ニーズを定めるにはもう少し時間がかかってくる……具体的には、今回の感染拡大が一定の収束を迎える頃が1つのタイミングだと考えていますが、NBFとしては、当面は「テナント要望への丁寧な対応」、中長期的には「競争力のあるポートフォリオ」「サービス体制の構築」が盛況に向けての不可欠な要素と考えており、これを着実に進めていきたいと考えています。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。

現在は【中立】 予想株価 646,476円 と判断されています。 COM()の運営を開始し、現在は運営事務局の責任者を兼任する。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

4-1 2020年12月期(第39期)・2021年6月期(第40期)業績予想 続いて、25ページで業績予想を説明します。

日本ビルファンド投資法人は、国内及び海外で229,000口の公募増資及びオーバーアロットメントによる売出しに伴う最大11,500口の第三者割当による新投資口発行を行い、金額にして1,402億円規模の資金調達を実施します。 上の赤い折れ線がポートフォリオの期中平均稼働率、下の棒グラフは各期6ヶ月間の入居あるいは退去したテナントの、ポートフォリオ全体に対する面積割合を示しています。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

なお、コロナの影響を受けた2021年・2022年の東京のマーケット空室率については、現在多くの専門家、複数のシンクタンクによって予想が出されています。 物件名 所在地 取得時期 建築時期 総賃貸可能面積 ㎡• 10月20日追記 日本ビルファンド投資法人の発行価格は1口当たり527,240円 (割引率2. これは、大型テナントの入替予定に加え、新型コロナウィルスの影響により入退去するテナントを一定程度保守的に見込むことによるものです。 COVID-19の影響を見据えた今後の運用方針 13ページに新型コロナウィルスの影響を見据え、今後のオフィスマーケットの見通しをまとめています。

7
増額賃料改定による増収は、引き続き3億5,600万円計上できるものの、新型コロナウィルス等の影響による特殊要因で減収となり、それを外部成長でカバーした結果、2021年6月期の不動産賃貸収入は362億5,200万円と、年間で3億6,200万円の増収を計画しています。
ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本 ビル ファンド 日本

4 合計 848,772 1,148,628 1,299,290 物件名 所在地 取得時期 建築時期 総賃貸可能面積 ㎡• 今回、NBFは「名古屋三井ビルディング本館」の70パーセントと「名古屋三井ビルディング新館」全体を、合計262億5,000万円で取得します。 これまでの増資の最大額は2006年1月にNBFによる840億円超であり、本増資はJ-REIT市場では初めて1000億円を超えるものになる。 8ページは、各期の物件の移動状況を整理してありますので、のちほどご確認ください。

次のページでNBFの成長戦略をまとめています。