動物 の お 医者 さん チョビ。 チョビ

チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

旅行へ行く際、西根家に3匹を預ける。

16
ニャオン 菱沼のアパートにちょくちょく顔を出すようになった長毛種の黒猫。 連載初期の人物紹介では「の髪型をしたハムテルの友人」と書かれていた。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

ハムテルの動じない性格は、この人から受け継がれたもの。 (H大学) 作品の活動の中心となる。 同じくオスのキョウさんは、「凶暴のキョウ」。

4
体が大きく無表情で飄々としている。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

ついつい自分を他人と比べてしまうすべての人に贈る、コミカル・ハートフルドラマ! 凶暴で喧嘩好きなオスのニワトリ。 中々エサを食べてくれず、ハムテルが「ミルク入りホッケ」を与えることを提案。

7
育ての親である公輝(吉沢悠)なら、背後から攻撃されても難なくちり取りでガードできるが、他の人はそうはいかない。 極めて真面目かつ常識的な人物で漆原に振り回される事が多い。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

不要となった生活用品を売りさばいている。 ハムテルの友人の中で名前の設定が明確でないため、レギュラーからもれたと思われる「眼鏡の人物」が、最終回後半の学部内運動会に登場し、ハムテルのサポートをした。

二階堂は、大を何個つけても足りないくらいの「ネズミ嫌い」。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

家に持ち帰り、ケージを掃除していると、そこへミケが乱入! さらにネズミが大嫌いな二階堂(要潤)も現れ、大混乱に! また、ハムテルと二階堂が大学付属図書館に漆原教授が借りた本の返却へ赴いた際、やはり図書館に来ていた谷崎はハムテル達に「うちの教授が(秘書を)見たと申しておりましたが…」と、獣医学部に秘書がいるらしい噂を伝えた。

6
このほかにもチョビは「あそぼ」を連発したり、悩んで自問自答しているハムテルに「そう?」と首をかしげて傍にいたり、苦手な絡み方をされても「やーん」ですませたりと、とにかく可愛い。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

付属家畜病院で他の子犬と共に貰い手を待っていたが、この頃から漆原に「どうしてそんなに鈍臭いんだ」と言われるほど要領が悪く、人が見に来ている時に毛布の隙間で寝ていて気付かれなかったり、子供の前であくびをして怖がらせたりし、貰い手がつかなかった。 いかにも権力志向の男達が好みそうです。

15
海外研修と称するサバイバルを主宰している。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

あらすじ 主人公 は、H大学獣医学部に通う獣医の卵。 飼い主であるハムテルもしばしば蹴り飛ばし、縄張りである西根家の庭に入ってくる動物には容赦なく追い回し、二階堂は高確率で被害に遭っている。

19
1992年7月17日刊行• 講座配属後は研究室に布団やテレビなどの家財を持ち込み、ほとんど下宿には帰らず研究室に寝泊りしていたらしく、卒業前に研究室の机を整理した際には大量の私物が不要品となった。
チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お チョビ 医者 の さん 動物 お

ぜひ、里親募集の子たちの中から、犬や猫を迎えてあげてください。

これが結果的に西根家を押し売りや泥棒などから守っているが、無害なはずの二階堂もよく蹴られている。 元々は菅原教授の友人が飼っていただったが、飼い主が仕留めた獲物をねこばばして食べてしまったことが原因で、山に捨てられるところだったのを菅原が引き取った。