君 死に たま ふ こと なかれ。 声 「非戦」を読む

たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

晶子の弟・籌三郎 (ちゅうざぶ ろう)は明治13年8月14日生まれ、明治36年8月27日、23歳(数えで24歳)の時、 せい(旧姓・堺)と結婚、翌37年、日露戦争に召集され、乃木希典 (まれすけ) 率い隊 る第三軍の第四師団第八連に在隊して旅順で戦ったわけです。

9
満では24歳だったでしょうか。 残念です。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

お断り: 残念ながら 現在は見られないようです。 なお、日露戦争後の籌三郎については、『 年表作家読本 与謝野晶子』(平子恭子・ 編著、河出書房新社・1995年4月25日初版発行)に、「娘時代より晶子のよき 理解者であった籌三郎は、無事生還し、晶子の終生まで交流を保ち続けた」(同 書60頁)とあります。 ) 堺の街の商人の 歴史を誇る家の主人で 親の名前を受け継ぐあなたなら (どうか)死なないで下さい。

15
40年12月、工学博士。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

彼が1904~1905年の日露戦争に駆り出された際、晶子が無事を祈って詠んだ歌でした。

19
本文 君死にたまふことなかれ 旅順口包圍軍の中に在る弟を歎きて 與 謝 野 晶 子 あゝをとうとよ、君を泣く、 君死にたまふことなかれ、 末に生れし君なれば 親のなさけはまさりしも、 親は刃(やいば)をにぎらせて 人を殺せとをしへしや、 人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

」とあります。

2
3段目の意味と現代語訳 暖簾の陰にしゃがんで泣いている、年若い新妻をあなたは忘れたのですか、それとも思っているのですか。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

解説 兵士と、元々の職業である「商人」とを対比されている2段目。

17
また 第一次世界大戦の際には「いまは戦ふ時である、戦嫌ひのわたしさへ、今日此頃は気が昂る」と戦争賛美を詠っています。 現在、男女関係なく教育を受け、自らの思想を発することができるのは、与謝野晶子や女性の権利獲得に奔走した平塚らいてうなどの活動があったからこそなのです。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

これも後ろとつながっているので、後ろで詳しく解説しましょう。

あらためて読むと、ゲームの題材っぽくもあるよなあ…とまたズレた感想が出てきて、おそらく続きを読むことは今後もそうそうないと思いました。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

2.原本は、明治38年1月、本郷書院発行です。 9歳で漢学塾に入り堺市立堺女学校に入学します。

29年7月、首席で 卒業。
たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ たま 君 なかれ こと 死に ふ

全体で「この間の秋にはお父様を」となって次につながっています。 ただ、与謝野晶子の弟は、実際には、この詩が詠まれた頃は別な舞台にいたようです。

1
13. というサイトに のページがあって、 大変参考になります。