スキレット 手入れ。 鋳物フライパン(スキレット)の魅力やメリット&デメリット

手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

そうすることで、鉄臭さを除去します。 まずは用途やデザインなどの好みに応じてお気に入りのスキレットを選び、スキレットの特徴が生きる料理にトライして、スキレットの良さを実感してみてくださいね。

その魅力をお伝えするのにふさわしい調理メニューがステーキです。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

デニム風の綿ですね。 すぐに調理に使うことも可能ですよ。 料理に使った後の手入れ方法 スキレットは、正しい手入れ方法をしないと、すぐにサビが出てしまいます。

12
スキレットのまま食事を提供するレストランも少なくありません。 サビにくくするコツ• 作業をする時には差し込みタイプよりも手袋タイプか、ミトンタイプが良いでしょう。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

長期間使わない場合には、湿気を防ぐために新聞紙などで包んで保管しておきましょう。 洗った後はすぐに火にかけて水分を飛ばし、冷めたら薄く油を塗っておけばお手入れ完了です。

20
オススメはオリーブオイルかショートニングです。 赤がホームセンターで購入した普通のフライパン。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

スキレットは鋳鉄製のフライパンで蓄熱性が高く、素材にしっかり熱が加わりおいしい料理ができるフライパンです。 この際は 必ず火にかけて水気を飛ばし、油を薄く塗ってください。 少し悩みましたが、裏面、取手もオリーブオイルを塗ります。

2
使い込んでいくうちに 鉄製品の表面に自然に油がなじみ、焦げ付きにくく使いやすくなっていきます。 サビを落としたら重曹を振りかけ、ナイロンたわしを使ってスキレット全体を磨きます。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

バーベキューの時だけじゃなく、朝ごはんとかでちょっと焼き物をする時にも使ってます。

がおいしい! ゲストさん 14:27• スキレットを長持ちさせるポイント3選 理論的に耐用年数はないと言っても、それはあくまで手入れをしっかり行った場合の話。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

料理ができたらスキレットのまま食べるのでお皿に盛り付ける必要もありません。 こうして並べてみると、鉄製のフライパンとも類似する点が多いです。 調理後の手入れは、まず汚れをペーパータオルなどで取り除きます。

同じニトリの製品だけあってぴったりはまります。
手入れ スキレット 手入れ スキレット 手入れ スキレット

数年前、東京にある有名ステーキ店のシェフがテレビで紹介したこともあり、多くの家庭でこの方法が使われるようになりました。

20
鉄でできたスキレットは、濡れたまま放置したりスキレットで調理してそのまま移し替えずに長時間置いたりすることで酸化するなどして、すぐに錆びやすい状態になってしまいがち。 熱くなるので火傷に気を付けて、そのあとは普段のシーズニング手順を行えば元通り使うことができます。