トヨタ カムリ。 カムリ(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

1982年に世代交代した2代目はカムリに改名してFFに転換。 は先代からのキャリーオーバーで、ボディサイズも先代とほとんど変わらないが(ホイールベースに至っては同寸)、内外装は居住性や空力性能を保ちつつ、高級感や存在感のあるセダンスタイルを追求したデザインとなり、ハイブリッドシステムの圧倒的な静粛性に加え、風切音を低減した高遮音性ウィンドシールドガラスを採用するなど、走行中でも会話がしやすい静粛性能を実現。 に登場。

1
トヨタブランド、FFセダン最上級モデルに位置するカムリ(CAMRY)。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

2万円 トヨタモビリティ東京 町田小川南店(旧:ネッツ東京)• 5L アトキンソンサイクルエンジンを採用し、圧倒的な燃費・動力性能を組み合わせ、環境性能を兼ね備えた。 フルモデルチェンジに伴い日本国内向けの仕様はすべてハイブリッド仕様となった。

5
デビュー当時はカムリグラシアと名乗っていたが、99年8月のマイナーチェンジでカムリに名称を変更している。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

あとは、車体が大きいわりには車内が狭い気がします。

17
エンジン性能もかなり向上していてアクセルとの連動性が非常に高いようなのでスピード感を体感できます。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

国内向けのカムリは4ドアセダンのみであったが、輸出仕様のカムリはビスタにあった5ドアもラインナップされた。

排気量はガソリンエンジンが、、ディーゼルターボエンジンはに拡大された。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

2013年9月2日、一部改良。 デザイン エクステリアは、TNGAに基づきエンジンおよび乗員レイアウトを下げることで低重心のシルエットとなり、大人しい印象だった9代目モデルとは一転し、躍動感にあふれ、スポーティな印象を与えるデザインを採用した。

16
「エモーショナルレッド」に替わり、新色「エモーショナルレッドII」を追加(いずれもメーカーオプション)。 装備関連では、安全面で最新のものが採用された。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

12月にの後継車種として、カムリ・グラシアが事実上の6代目として登場するが、クラスが異なる(カムリはCDセグメント、カムリグラシアはDセグメント)こともあり、V40型カムリも併売される。 走りにおいては、より応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求したサスペンションチューニングを行っている。

今回、マイナーチェンジを行った。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

エクステリアでは、フロントバンパーや、ヘッドランプとリアコンビネーションランプの加飾、フロントロワグリル、アルミホイールなどのデザインを変更。 4Lと同ハイブリッドの2種。 6月にマイナーチェンジを実施。

6
5L()を搭載する。
カムリ トヨタ カムリ トヨタ カムリ トヨタ

4L()のみとなった。 日本仕様はV6エンジン搭載車が廃止され、直列4気筒2. 駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ(静止物))を、従来型でオプション設定だった「X」グレードに標準設定し、全車標準装備とするとともに、ドライバーの死角をサポートするブラインドスポットモニター(BSM)、リヤクロストラフィックオートブレーキ「パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)」の標準設定を「WS」、「G」グレードに拡大し、安全面を強化。

4
機敏なドライブフィールを重視するのマークXと後席居住性を重視したカムリとで販売チャネルと客層が分けられていた。 6kgf・m 電気式 前:コイルスプリング 後:コイルスプリング 全長 4,885mm(X、G) ( 2017年7月-) 4,910mm(WS) ( 2018年8月-) 全幅 1,840mm 全高 1,445mm 2,825mm 車両重量 1,540-1,630㎏ ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク OEM供給 (5代目) 日本仕様は2017年7月10日にフルモデルチェンジを実施。