アセトアニリド 合成。 アセトアニリドの合成について

合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

A ベストアンサー 合成したアセトアニリドを次の反応に使う場合、もし酸に弱い試薬を使うとすると塩酸によってこの試薬が分解し次の反応の収率がかなり悪くなります。

10
実験のことはあまり詳しくありません。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

まず最初にアニリンの性質を調べます。

14
収率は増えない。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

3 生成した粗結晶を溶解し、85度に冷却後、活性炭を加え、再び煮沸する。 この反応の後水からの再結晶で取り出します。

なので、理論収量が3gをかなり上回ることは明らかです。 テフロン製器具は耐熱性も耐薬品性も高いのでガラスを溶かす試薬を使う時などに用います。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

3.酢酸ナトリウム: フェノールの解離を弱く促進する。

18
これがなければ求核性もなくなります。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

これは、アニリンのNの非共有電子対がベンゼン環の方向へ移動しているためで、アンモニアとは違います。

20
大学で習うのですがこの反応は求核置換反応でアニリンNHのNにある非共有電子対が無水酢酸のカルボニル基のCを攻撃し、電子移動で無水酢酸の一部分が酢酸イオンとして脱落する事で進行します。 実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

この項目は、に関連した です。 こういう方法があるのですか。

アセトアニリド acetanilide は、の一種で、フレーク状の外見を持つ無色の固体。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

2の方が書かれているように、再結晶条件を検討すべきでしょう。 アニリンは水に溶けませんが、塩酸アニリンは水に溶けます。 再結晶後にろ過すると68. 教えてください!. したがって,反応が起こりません。

1
C 融点測定 まず、粗製の融点測定をする。 ポリプロピレンは比較的耐薬品性がありますが耐熱性が今一つなので使われません。
合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド 合成 アセトアニリド

今度実習でアニリンと無水酢酸でアセトアニリドを合成します。 普通は無色になるはずですよね。 私の昔のレポートで変色機構について調べていました。

まず何故乾燥させるかですが、系内に水があるとアニリンより先に水と無水酢酸または塩化アセチルが反応してしまい、収率が下がるためです。