お ちく ぼ 姫 現代 語 訳。 GENJI

ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

開けても暮れても、額髪を耳の後ろにはさんで、手のひらの上にはわせて、じっと見つめていらっしゃる。

20
。 こんばんは。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

ところが、この僧は極楽寺・高良神社を拝むと、八幡宮はこれで全部だと思いこんで[目的である山上の八幡宮を拝まずに]帰ってしまった。

20
」とて、あなたの御前は、竹の透垣 しこめ 【注42】て、みな隔て異なるを、教へ 寄せ奉れり 【注43】。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

貴族の娘である姫君に似つかわしくない格好である。 このウェブページでは、『帝仰せ給はく、「造麻呂が家は山本近かなり。

28 さし出でなむ ダ行下二段動詞「さし出づ」の未然形+願望の終助詞「なむ」。 44 竹 河• それを見てから帰ることにするから。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

羅蓋(らがい)さしたり。 翁(おじいさん)は答えて、『私がかぐや姫を養い育ててもう二十年余りになります。 高貴でとりすました姫君で、源氏の君は親しみが持てない。

年ごろよろづに嘆き沈み、さまざま憂き身と思ひ屈しつる命も延べまほしう、 長年何かにつけて悲しみに沈んで、あれこれとつらい我が身なのだとふさぎこんでいた命も(今では)延びてほしく、 はればれしきにつけて、まことに住吉の神もおろかならず思ひ知らる。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

そのようにお隠しになっているということを、人々はみな、滅多にない世の中の先例として、探って聞き知っているにちがいないのに。 27 のたまひ ハ行四段動詞「のたまふ」の連用形。

12
しばらくして 夕霧を産むも、六条御息所の生き霊に取り憑かれ、死んでしまった。 中納言殿も北の御方も、かしづき給ふことかぎりなし。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

よろづのことどもをたづねて、末を見ればこそ、事はゆゑあれ。 なお、「源氏物語」は平安時代の貴族の様子について描いた作品です。

35 なごやかに ナリ活用の形容動詞「なごやかなり」の連用形。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

東宮も、お若い心で、(明石の姫君のことを)たいそう格別にお思い申し上げていらっしゃる。

4
「思ふ」の尊敬語で、「親王(八の宮)」に対する敬意。
ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代 ちく 姫 お 語 ぼ 訳 現代

」と告げ申し上げる人がいたのであろうか、簾を下ろしてみな(部屋の中に)入ってしまった。

13
桐壺帝に寵愛されるが、身分もさほど高くないため、周囲から妬まれ、心身ともに衰弱してゆき、幼い光源氏を残して亡くなった。