17000 系。 【もう量産⁉︎】東京メトロ17000系第2編成落成・帯色変更と今後を考察

系 17000 系 17000 系 17000

9kmが2008年に開業。 最近はホームドアの設置により、自動的に列車を正しい停止位置に止めるATOやTASCが採用される事例が増えてきました。

営業最高運転時速は110キロとなっています。 17000系の運転台。
系 17000 系 17000 系 17000

全車両にフリースペースを設置 全ての車両にフリースペースが設置されており、車椅子やベビーカーをお使いの方も気軽に利用出来るようになりました。 これによりJR埼京線との相互直通運転が始まり、相鉄線方面とJR渋谷・新宿方面を結ぶ直通列車が運転されている。

12
そして、2013年には渋谷駅において東急東横線とも接続した。
系 17000 系 17000 系 17000

現在の計画では、2020年度の下半期に10両編成1本が営業運転を開始し、2022年度までに180両(10両編成6本と8両編成15本)が導入される予定だ。

13
車内空間もラインカラーのゴールドとブラウンを基調として、つり革にブラウン、シートの背もたれにゴールドを使ったスタイリッシュなデザインとなっている。
系 17000 系 17000 系 17000

技術レベルが上がることで、車両とシステムの相性は特に重要視される項目になっています。 また、貫通引戸や袖仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用することで車内の開放感を高めている。

乗り入れ先も多いこの系統では試験項目が膨れ上がることは容易に想像ができますが、最近の試運転は平日・土休日問わず実施されており、デビュー前月にと考えると切迫している印象も受けます。 嬉しいです。
系 17000 系 17000 系 17000

10000系の増備過程で7000系の置き換え数の計画変更こそありましたが、副都心線対応改造を終えた後は現在の布陣で運用が続けられています。 ドア上の車内モニターは従来と同様に、17インチワイド型LCDを2画面搭載。 走行中に総合指令所などから車両の機器の状態を監視するシステムも導入した。

6
側面の行先表示器。
系 17000 系 17000 系 17000

扉上に設置された車内情報表示器。

(公益財団法人日本デザイン振興会) 参考文献 [ ]• もしかしたら、新しい路線カラーをベースにトンネル内という地下鉄特有の事情を加味して明るめの色合いを採用したのかもしれませんね。 そして今後7000系、8000系、02系、03系の譲渡などの動きも楽しみなところです。
系 17000 系 17000 系 17000

7 (10両編成) 車体長 先頭車:20,470 mm 中間車:20,000 mm 車体幅 2,800 mm 車体高 3,635 mm 床面高さ 1,140 mm 車体 () FS781形 全密閉式(PMSM) 主電動機出力 205 kw 駆動方式 7. 新車の匂いが凄かったです。 新型車両の開発にあたっては同社線の特徴となる「短い駅間」「急勾配」「急曲線」への対応のほか、多くの相互直通先を持っていることから「高速性能」「機器の共通化」が要求される。 最近製造される車両はVVVFインバータ制御を採用しており、これらの機器から発せられるノイズが線路を流れる踏切や信号設備などの微弱電流に干渉する誘導障害問題が発生する事例が存在します。

13
また、運転台の防護無線のランプは六つ並んでおり、このうち五つは「有副」「千代田」「東武」「西武」「東急 横高」と記されている。 最終的に17000系の運用範囲や副都心線の運行形態がどうなるのか、関係各社の今後の動きが注目されるところだ。