100 分 de 名著 資本 論。 100分de名著 マルクス“資本論” (2)「なぜ過労死はなくならないのか」

分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

少女漫画と石ノ森「」(解説:ヤマザキマリ) 「マンガ家入門」(解説:)• 『資本論』で構想された持続的で平等な未来社会とは? マルクスは150年も前に、既にこのメカニズムを明らかにしていた。

1
9 「」 朗読:、、、 10 島津有理子 「」 11 「」 12 「」 声の出演:、、 2013 1 「」 2014年9月度で再放送。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

伊集院光• 明日からは「資本論」。 日本人の心のかたち 「」(解説:)• 単に理解するだけではなく、一歩踏み出して実践していくこと。

4
資本家がもっと利益を生み出したいと思えば日給は変えずに、もっと多く、できるだけ労働者を働かせることに尽きる。 驚いたことに、アメリカでも、マルクスの名前が、若者たちのあいだで肯定的に使われるようになっています。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

著者の斎藤幸平さんは気候変動や環境問題といった喫緊の問題に対応するための社会ビジョンが「資本論」のなかに眠っていると説いている。

3
稼がなくてもいい!と決めることだ。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

なぜ偏向報道は生まれるのか 「イスラム報道」(解説:中島岳志)• 江戸の平和 井原西鶴「」(解説:)• 2014年1月2日 22:00 - 23:40 『100分de幸福論』• 日本人の美学 「」(解説:)• (新潮社ウェブサイトより) 2位『』出口治明[著](幻冬舎) 「経済成長は必要か」「民主主義は優れた制度か」「安楽死を認めるべきか」等々。

18
これまで刊行されてこなかった手紙や研究ノートを読んでいくと,、晩期マルクスが環境問題と前資本主義段階の共同体への関心を深めていったことがうかがえる。 初回放送:月曜 22:25 - 22:50• 2020年のに伴い、4月の「ピノッキオの冒険」第3回から声優の招聘は断念され、の音声解説は付かずナレーターも交替。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

経済思想研究者の斎藤幸平さんは、ソ連や中国といった既存の社会主義国家にはなかった全く新しい社会ヴィジョンが、マルクスがその生涯をかけ執筆した大著『資本論』のうちに眠っているといいます。 10 「」 若松英輔 語り:小口貴子 朗読:長塚圭史 11 2018年4月「法華経」再放送 12 伊集院光 安部みちこ ドストエフスキー「」 亀山郁夫 語り: 朗読: 2020 1 「」 語り:目黒泉 朗読: 出演: 2 「力なき者たちの力」 朗読: 3 スペシャル 第1回 知的好奇心が未来をつくる「」 第2回 人類にとって「進化」とは何か「」 第3回 科学はユートピアをつくれるか「」 第4回 技術者への讃歌「」 瀬名秀明 朗読: 4 「」 和田忠彦 朗読: 語り: 第1-2回 、 第3-4回 5 2019年5月「平家物語」再放送 6 伊集院光 安部みちこ 「」 西研 語り:小坂由里子 7 「」 先崎彰容 朗読: 語り:小口貴子 8 「」 河合俊雄 朗読: 語り: 同年8月30日14:30再放送。 稼げる「お金」という価値は少なくなるが、その分、家族で過ごす時間や自分の趣味の時間という価値は増えることになる。

19
5 「」 6 「」 語り: 朗読: 7 「」 語り: 朗読: 8 「」 2015年3月度で再放送。 著書に「大洪水の前に」「人新世の資本論」などがある。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

いくつかの手に入る『』を並べるのが普通だろう。

12
U-NEXT NHKオンデマンドとは U-NEXTはテレビ局系の動画サービスではありません。
分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100 分 名著 資本 de 論 100

(一部の作品は、放送1週間後から単品のレンタルが可能となります。 3 2014年8月 アンネ・フランク「アンネの日記」再放送 4 伊集院光 武内陶子 ブッダ「」 朗読: シッダルタ(ブッダ)役: (アッシジ)役: 同年6月13日にアンコール再放送。

夢と現実のパラレルワールド「」(解説:中条省平)• マルクス研究の権威ある国際学術賞を最年少で受賞した斎藤氏はこの点に注目。 1:強制労働からの自由 2:生産手段からの自由 強制労働からの自由とは、資本主義の世界では労働者は奴隷ではないということ。