表裏 一体 意味。 四字熟語「表裏一体(ひょうりいったい)」の意味と使い方:例文付き

意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

金魚が行きたい方、泳ぎたい方についていくだけならまだしも、姿は金魚ではなく「糞」になってしまうのです。

逆に、親切で面倒見が良い上司であれば、嫌なことでも喜んで引き受けてしまう時もあるようです。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

どちらが欠けても、人気は落ちてしまうと思います。 一枚の紙の厚みくらいしか差がないことを表しています。

スポーツカーが紙一重で、目の前を走って行った。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

「紙一重」とは? このように影になって支えてくれた妻の裏の存在があったからです。 「そんなのひどすぎる」この話を聞いた時、私はそう思いました。

15
5、生と死 不死身の人間なんていないのですから、生を受けたらいずれは死が待っているのです。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

また、プライベートでは恋人の笑顔が急にふくれっ面になってしまった時「笑顔とふくれっ面は紙一重」と言って、自分への警告として受け止めることもできるでしょう。 【barely(紙一重・かろうじて)】 He barely survived. 二面性 人間は感情の動物であるので、好きな人や嫌いな人に接する時には態度が変わることはあります。

com 「表裏一体」の読み方は、「ひょうり・いったい」と読みます。 「紙一重」は普段の生活の中で、ものごとを紙一枚に例えて比喩的に「わずかな差しかない」と意味で使われていますが、ビジネスや私生活で「ちょっとの差しかないから、気を付けるように」という意図を持って「紙一重」という表現を使うことがあります。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

表裏一体の使い方・例文 例文1. つまり、分けることができない程に密接な関係であるということです。

16
「紙一重」は、1枚の紙の厚さほどの、きわめてわずかな違いという意味です。 ・不離一体 不離一体は、「ふり・いったい」と読みます。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

「相即」は、仏教の言葉で、万物は縁でつながっていて相互に影響し合いながら成り立っている。

「表裏一体」をはじめ、「不離一体」や「相即不離」は二つのものが一つであるという意味です。
意味 表裏 一体 意味 表裏 一体 意味 表裏 一体

類語3:二人三脚 「二人三脚」は二人が協力している様子を指す言葉です。

8
ある時は善人になったり、凶悪犯になったり人格が変わるのです。 しかし、夫婦が一緒に稼いで購入した持ち家や自家用車などは、物理上は分けることができません。