ゾルトファイ 添付文書。 ゾルトファイ配合注フレックスタッチ

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

抗腫瘍剤 シクロホスファミド水和物 血糖降下作用の増強による低血糖症状があらわれることがある。

最近は高用量投与も可能になった。 今なら 無料会員登録を行うだけで、 Amazon3000円分のポイントを無料でゲットできます。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

併用する場合は血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与すること[参照]。

7
実際の臨床での体重増加の抑制効果は、検証が必要です。 血中カルシトニン値上昇、甲状腺腫、甲状腺新生物等の甲状腺関連の有害事象が臨床試験において報告されている。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

ゾルトファイの最高投与量は、1日50ドーズに制限されています。 7参照〕。

14
1.3. 膵炎(頻度不明):嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛等、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに医師の診断を受けるよう指導すること。 会社名、製品名、成分名、ATCコード,薬効分類のアルファベット順から製品を選択可能。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

18). 成長ホルモン(ソマトロピン)[血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがあるので、併用する場合は血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与すること(抗インスリン様作用による血糖上昇作用を有する)]。 食後血糖の改善• ベザフィブラート[血糖降下作用の増強により血糖降下症状が発生する可能性があるため、血糖および他の患者の状態を注意深く監視しながら投与する必要があります。 ゾルトファイ配合注は、 GLP-1受容体作動薬と インスリン製剤を一つの注射剤に配合した薬です。

1
(2). 本剤とA型専用注射針との装着時に液漏れ等の不具合が認められた場合には、新しい注射針に取り替える等の処置方法を患者に十分指導すること。 Pharma Publishersが運営するサイト。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

低血糖症状が認められた場合には、糖質を含む食品を摂取するなど適切な処置を行うこと。

9
22). イソニアジド[血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがあるので、併用する場合は血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与すること(炭水化物代謝を阻害することによる血糖上昇作用を有する)]。 〈統合失調症〉他の抗精神病薬から本剤に変更する患者よりも、新たに統合失調症の治療を開始する患者で副作用が発現しやすいため、このような患者ではより慎重に症状を観察しながら用量を調節すること。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

副腎皮質刺激作用により糖質コルチコイドの分泌が増加する。 炭水化物代謝を阻害することによる血糖上昇作用を有する。

しぐです。 スルホニルウレア剤と本剤の併用時に両剤の投与タイミングを朝とした場合は、低血糖が発現する可能性が高くなることがある(血糖降下作用が増強される)]。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

9mgを維持用量とし、1日1回朝又は夕に皮下注射する• なおリラグルチドでは、海外にて、非常にまれであるが壊死性膵炎の報告がある。

13
低血糖 頻度不明 :脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと〔8. 7倍高かったとの報告があり、死因は様々であったが、心血管系 心不全、突然死等 又は感染症 肺炎等 による死亡が多かった。 米国FDAが運営するHealthcare Professional、Patient and Consumer Information Sheets、Medication Guides and Information の提供ページ フィンランド医薬品規制当局Laakelaitos Lakemedelsverket内のサイト。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

まとめ ・ゾルトファイは、トレシーバの成分インスリンデグルデクとビクトーザの成分リラグルチドを一つの注射剤にした薬です。 1.3. 糖尿病胃不全麻痺、炎症性腸疾患等の胃腸障害のある患者:十分な使用経験がなく胃腸障害の症状が悪化するおそれがある。

3
2. 胃腸障害の発現を軽減するため、低用量より投与を開始し、用量の漸増を行うこと。
添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

リラグルチドの薬剤特性とインスリン使用量の減量に伴う低血糖のリスクの低減• ご利用に際しては個人の責任でお願い致します。 〈双極性障害における躁症状の改善〉 通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mgを1日1回経口投与する。

15
副腎皮質ステロイド プレドニゾロン トリアムシノロン 血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがある。