マルニ。 マルニ和装紙 | 和紙の壁紙、月桃紙、内装材料全般

マルニ マルニ マルニ

ピックアップ商品は、撮影画像の為、現物と違いが生じることがございます。

8
障子紙も手漉きから機械漉きに加え破れにくい商材等・・・更に襖の下張用や雲華紙といった裏紙も掲載しております。
マルニ マルニ マルニ

会社概要 社名 株式会社マルニ 創立 昭和18年9月 代表者 代表取締役社長 河野 康志 事業内容 総合印刷業、出版業、広告代理業 1.各種印刷の立案、作成、印刷 2.印刷、紙製品工業並びに之に附随する製品及び材料の販売 3.広告の企画、編集、制作 4.広告代理業及び書籍出版 5.情報処理、ソフトウェア開発 6.コンピュータ機器、関連機器の販売、保守、点検 7.マルチメディアコンテンツの制作、販売 8.前各号に附帯する一切の事業 資本金 3,000 万円 従業員数 75名(男性50名、女性25名) 営業種目 1.商業印刷事業(ポスター、パンフレット、チラシ、カレンダー、美術印刷、絵はがき 他) 2.事務用印刷事業(名刺、伝票、封筒・ハガキ、名簿、商品券、シール、カード、圧着DM 他) 3.出版印刷事業(記念誌、情報誌、自費出版 他) 4.重要印刷事業(投票用紙、自治体予算書、各種試験問題 他) 5.マルチメディア事業(ホームページ制作、モバイル用ホームページ制作、CGI、情報処理、データベース構築、インターネットシステム構築 他) 6.屋外広告事業(看板・サイン 他) 7.広告宣伝事業(新聞広告、テレビ・ラジオCM企画・立案、市場調査、アンケート集計 他) 8.印刷自販機事業部(インターネットによる印刷、企画、製造、販売) 営業時間 8:15~17:25 所在地 【本社】 〒753-0037 山口県山口市道祖町7-13 TEL. 襖紙では、高級和紙の「手漉本鳥の子」「伝統からかみ」上級和紙には「特漉き鳥の子」中級和紙では「揉み紙」や「色鳥の子」金銀紙では本金・親和金・洋金・特金。

このほか、10日からは「ストライプバッグ」(1万8000円)や「ストライプバッグ・ミニ」(1万6000円)を販売。 今回はアイテムごとに販売開始日時を設定し、初日は「マルニ フラワー カフェ」で人気のピクニックバッグをベースに、花々の図柄を手作業で織り込んだ新作バッグ「フラワーバスケット」(1万6000〜2万5000円)をはじめ、コットンジャージー素材のハンドルをあしらった「ピクニックバッグ・ミニ」(1万6000円)、円筒形の「バケットバッグ」(2万2000円)、ワンハンドル仕様のバスケット「ポッドバッグ・ミニ」(1万3000円)の新色、赤い屋根のボックスを採用した期間限定の洋菓子「ビスケットハウス」(2000円)などが揃う。
マルニ マルニ マルニ

マルニ木工は1928年に「日本の住宅文化を高めたい」という志をもって創業し、2018年5月22日に90周年を迎えました。

7
襖紙では、高級和紙の「手漉本鳥の子」「伝統からかみ」上級和紙には「特漉き鳥の子」中級和紙では「揉み紙」や「色鳥の子」金銀紙では本金・親和金・洋金・特金。 障子紙も手漉きから機械漉きに加え破れにくい商材等・・・更に襖の下張用や雲華紙といった裏紙も掲載しております。
マルニ マルニ マルニ

ピックアップ商品は、撮影画像の為、現物と違いが生じることがございます。

4
2008年にはプロダクトデザイナーの深澤直人氏と共に、工場の特性を活かした世界の定番となる家具を目指し、HIROSHIMAをはじめとするMARUNI COLLECTIONを発表して以降、デザイナーと技術者が真摯に向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻なモノづくりによって、100年経っても「世界の定番」として認められる木工家具をつくり続けています。 11日は「ハンモックバッグ」(1万9000円)、12日は「コットンクロシェバッグ」(2万5000円)、「バンダナ」(3700円/いずれも税別)の取り扱いを開始する。
マルニ マルニ マルニ

SHIPPING INCLUDED All prices include a shipping fee. マルニ木工は1928年に「日本の住宅文化を高めたい」という志をもって創業し、2018年5月22日に90周年を迎えました。 11日は「ハンモックバッグ」(1万9000円)、12日は「コットンクロシェバッグ」(2万5000円)、「バンダナ」(3700円/いずれも税別)の取り扱いを開始する。

20
2008年にはプロダクトデザイナーの深澤直人氏と共に、工場の特性を活かした世界の定番となる家具を目指し、HIROSHIMAをはじめとするMARUNI COLLECTIONを発表して以降、デザイナーと技術者が真摯に向き合い、木の魅力を引き出すデザインと職人による精緻なモノづくりによって、100年経っても「世界の定番」として認められる木工家具をつくり続けています。
マルニ マルニ マルニ

。 。 。

19
。 。