是々非々。 会社紹介

是々非々 是々非々 是々非々

彼女が信頼されている理由は是々非々がはっきりしているからだ。

「良くても悪くてもやらなくてはいけない」というニュアンスになります。 英語圏では自分自身で物事の判断をつけるのが当たり前ですから、わざわざ「正しい判断をする」という表現を作る必要がなかったのです。
是々非々 是々非々 是々非々

是々非々の意味 是々非々は、私情に流されたり自分の置かれた状況に惑わされたりせず、物事を正しく判断するという意味で用いられます。

四字熟語の良いところですね。
是々非々 是々非々 是々非々

是々非々の由来 是々非々の由来は、中国の荀子の著書からです。

10
心地光明 しんちこうめい :清く正しく、少しも私心が無いこと• 「是々非々」の類語 公平無私<こうへいむし> (意味:公平で、私的な感情や利益を交えないこと) 「公平無私な態度で物事に臨む」 公明正大<こうめいせいだい> (意味:私心をさしはさまず、公正に事を行うこと) 「公明正大な彼に大役を任せる」 無私無偏<むしむへん> (意味:個人的な利益や名誉を優先せず、公平に判断・行動するさま) 「ついつい感情が動いて、無私無偏ではいられなくなった」 理非曲直<りひきょくちょく> (意味:道徳的に正しいことと間違っていること) 「理非曲直を正す」 厳正中立<げんせいちゅうりつ> (意味:厳しく公正を守り、どちらにも偏らない立場を守ること) 「いかなる時も厳正中立を維持する」 唯々諾々<いいだくだく> (意味:事の良し悪しにかかわらず、何事でもはいはいと従うさま) 「唯々諾々として人の命令に従う」 是非曲直<ぜひきょくちょく> (意味:物事の善悪・正不正のこと) 「是非曲直をわきまえる」 中立 (意味:対立するどちらの側にも味方しないこと) 「中立的な立場をとる」. あくまでも道理にしたがい、私心をはさまず、公式に判断するという場合に使います。
是々非々 是々非々 是々非々

是々非々で建設的な関係を構築したい」と抱負を語った。 an unbiassed policy. こびるつもりはないが、県民が選んだ知事の考えに全面的に協力していく」と語った。

9
「是」と「非」は、反対語の関係にあります。 是々非々の立場• 是々非々の使い方や例文を確認しましょう 是々非々の例文 今回の企画会議、是々非々で議論をお願いします。
是々非々 是々非々 是々非々

でも、はじめるからこそ得るものもあり、そして気づきや出会いがある。

「一定の立場にとらわれることなく、良いことは良いとして賛成し、悪いことは悪いこととして反対する」ことをあらわす言葉で、たとえ激しく敵対している相手の意見であっても正しいと思えば賛成するし、反対に身内であっても間違っていれば反対するということです。
是々非々 是々非々 是々非々

厳正中立 げんせいちゅうりつ :公正を守り、中立の態度を貫くこと• 「厳正」は厳しく公正を守ることを意味し、「中立」は両者の間に立って、どちらにも偏らないことを言います。 英語圏の方に「是々非々」の意味を説明すれば、きっとそんなことは当たり前だと言われてしまいます。

・この会社は社長の孫を甘やかしすぎだ。
是々非々 是々非々 是々非々

なんとなく難しそうな言葉ではありますが、意味をしっかりと理解しておけば多くの場面で使うことができます。 また、さまざまな言葉の対義語を覚えておけば、普段の会話の際にも役立つでしょう。

15
ですから、「是々非々」とは、良いことは良い、悪いことは悪いと判断するという意味になります。 (是々非々主義)• 是々非々というはもので、ではは使わない。