エンブレム テイク 2。 SFヤクザ 代紋TAKE2(完結)

2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

「前の人生」では獄死していたが、「後の人生」では山崎が丈二を可愛がっていることを聞きつけ強引な手段で仮釈放をもぎ取り出所。 江原によると、神は丈二の背後につき全知全能の力を持ってありとあらゆる人間の運命を操作しており、やがて江原の闘争本能の矛先は丈二ではなく神を越えることへと変わっていく。

7
命の危険を感じた丈二は 彼等に土下座をし謝り倒して しまった。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

コナン君パターンですね、 最初の頃の丈二の武器は、このタイムスリップした事による 未来のことを知っていることと、若いのに経験が豊富なことの二点しかありませんでした。 丈二に仲裁を依頼した加東組との諍いが自分の子分によって破られ、丈二の勧めもあってその責任をとるべく引退を決意、跡目を富山に譲った。 68歳。

8
そして東京に再び舞い戻った時に、丈二との結婚式当日にウェディングドレス姿のカオリをその手で射殺した後、内田や傭兵達と共に日本中を震撼させる大事件を引き起こす。 元はの梅鉢一家の一員で、の締め付けにより組が解散させられた復讐のため県警本部に乗りこみ、殺人未遂等の罪状で府中刑務所に収監された。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

清水光一(しみず こういち) 五代目田上梅沢一家若頭。 その死はある人物の人生を変える。

3
しかし、抗争をくぐり抜けてきた成長によるものか、物語の主人公としての魅力を付けるためか、 能力の高さ、そして、何よりも器の大きさ(寛容な心 が丈二の力になり 様々な敵や大物が、丈二に惚れ込み、組員になっていきます。 武闘派で、思慮が浅く自制の利かない面がある。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

SFマニアでガンマニアって、完全に「代紋 TAKE 2」の元になっているよねw つまり 原作者の父親からの影響で「代紋 TAKE 2」は生まれたといっても過言ではない! さらに 調べてくうちに面白い関係性も見えてきました。 それをきっかけとして丈二に心酔し、兄貴分として心から慕うようになった。

20
初登場時は黒川組の若頭の組で幹部として修行をしていた。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

通称・特少ブラザーズ。 今ではヤンマガでを描いてますが、この時とは段違いの上手さです ただ、その反面で、62巻という長編にもかかわらず、時代を現代にしなかったのは、良いと思います。

8
それどころか今起こっている 現実にしか思えなかった。 ということもありますが、これだけの数はさすがです👏 この下ではわかりやすくメリット、デメリットで分けてみました。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

江原破門後に復権し、仲西組を復興させ四代目海江田組の相談役となった。 それぞれ中学生時代に殺人を犯してに収監され、その後も院内等で犯罪を重ね、繰り上がりで刑務所に送致されて土橋の舎弟となった。 『代紋TAKE2 第II章』- 1995年11月25日発売。

11
なお原作者の木内一雅さん(きうちかずまさ)はビーバップハイスクールのきうちかずひろさんのお兄さんです。 明石組の策略にはまり、期せずしての関東侵攻の足がかりを作ってしまった。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

別に私はヤクザの話が好きなわけではないですが、この原作者の方はヤクザの話こそが旨味であり 代紋のキャラクター達は、その世界でだから輝ける存在だったのではないでしょうか? 別に代紋に戦車やロケットランチャーは出てきてドンパチしなくていいのです。 しかし、阿久津組との対立によって丈二との格の違いを見せつけられたことで精神が歪み、後に田上連合を揺るがす大事件を引き起こす。 。

9
獄中で再開した土橋が明石組と揉めた際は、タイムスリップ前の記憶を生かして所長の弱みを突く事で、入院させないことで獄中の病死を狙われていた明石組親分の入院を認めさせる事を手土産に土橋と明石組の間を仲裁し、同時に明石組の幹部にも認められる。
2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク 2 エンブレム テイク

風間真司(かざま しんじ) 四代目真鍋組幹部・風間組組長。 やはり62巻まで続くということも あり中身は相当濃く深い内容です。 海江田組が経営する屋の常連客で、「前の人生」では店長だった丈二の顔見知りだったが、虎林幇との抗争の末に殺害された。

8
警察庁 [ ] 武藤啓司 警察庁長官。 その後明石組に捕まり殺されそうになるが、当時明石組に客人として訪れていた山崎の仲裁で助命された事がきっかけで山崎を尊敬している。