パラレル ワールド 体験 談。 パラレルワールドへ行った人の体験談20選!並行世界への行き方とは

ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

これでは本末転倒になってしまいますので、ここでは便宜上、物質世界的な表現も用いつつ説明を進めたいと思いますので悪しからず。 しかし本当に存在するとしたら前述したように 存在自体が消えてしまい大変なことになってしまうかもしれません。

1
条件が難しいので、山小屋などに行った時などに行うといいかもしれませんね。 【19】山中でパラレルワールドに行った人 引用: 登山に行っていたときにパラレルワールドの体験をした男性のお話です。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

ジョナスという男が席を外した間に、リチャード氏はとっさにそのカセットテープをポケットの中に入れた。 まず秋葉原駅へ行き、そこで地下鉄日比谷線に乗り、茅場町駅で降ります。

11
実際は行ったことも見たこともないのに、なぜか体験したことがあるかのように感じられる現象のことですね 原因については さまざまな説があり、視覚や聴覚などの感覚から伝わった信号が脳内で認識され、「記憶」として蓄えられる という行程において なんらかの異常が生じ、 脳が認識するよりも前に、「記憶」として脳内に蓄えられてしまうので、認識した時点でデジャブ 「既視感」という現象が起こる という説もあります そして、もう一つの説では、デジャブは、過去に並行世界で見たり 感じたりした出来事の記憶が蘇ったからだ と言われています 1つの例に、「マンデラ効果」という現象が挙げられます 事実とは全く異なる「記憶」を不特定多数の人が持っている という奇妙な現象です 名前の由来にもなっている 南アフリカ共和国の大統領でもあった 「ネルソン・マンデラ氏」は、2013年に95歳で亡くなっているのですが、奇妙なことに、 「マンデラ氏は1980年代に亡くなっていた」 と思い込んでいた人が沢山いたのです これの原因は、「1980年代にネルソン・マンデラ氏が亡くなっているというパラレルワールド」が存在しており、その並行世界の様子を見たという人が多かったからではないか と言われているのです。 シーフードドリアを注文すると言う選択をすれば、その後にシーフードドリアが運ばれてきてそれをおいしく食べる、という体験が連続的に続いていきます。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

しかし飲酒はしてなかっといいます 歩くのもやっとな程で、トイレに辿り着けなかったので路地裏で嘔吐してしまいました すぐに気分が楽になり、帰ろうとした男性が起き上がると、様子がおかしいのです さっきまで夜だったはずなのに一瞬で昼になっていたのです 不審に思い街を見渡すと日本語の看板や広告があるのですが、見慣れない字体で、あきらかに異常な景色だったそうです その直後、再び嘔吐してしまいました するといつの間にかあたりは暗く、夜に戻っており、街並みも見慣れた景色に戻ったそうです 時計を見ると、食事を終えてから10分程度しか経過していなかったそうです おそらく、何かがきっかけになり並行世界へ入り込んでしまったのではないでしょうか 体調不良の原因は不明ですが、とある場所に行くと頭痛や目まいがするという人が存在しますが、 そういう人は時空の歪みを感じ取っているのではないか と言われています 羽田空港に迷い込んだ「存在しない国」からの旅行者の 1954年の日本には実はパラレルワールドからの旅行者が来ていました 羽田空港にて入国管理者とやり取りする不審な男性がいました。 なんと台風で橋が壊れてるらしかったのでした(ToT) 「もーしばらく行かない!」いじいじ・・・・. 男性が起きたら周りが真っ白な空間で、そこを歩き続けると声が聞こえたそうです。 そして気づいた男性が部屋に入り、のどが渇いたので水を飲もうとキッチンに向かうと、キッチンから見える空がとても青かったそうです。

17
しかし、角を曲がったとき、突然道路が6車線の高速道路に変わり驚いたもののしばらく車を進めると、道路脇に見たこともないような背の高い植物や建物が現れ始め、熱い感覚と共に「あなたは別の世界に転送されました」という声が聞こえたそうです。 。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

女性は白昼夢を経験したのかと感じたそうですが、不思議なことに、この体験を思い出すと涙があふれるというのです。 夢を見ていたかのような不思議な体験談だったと男性はいいます。

10
来ていたパジャマやシーツが全く別のものに変わっており、どう見ても4ヶ月前まで借りていたマンションにいる。 ありとあらゆるものごとがひとつになった世界、それが非物質世界と言えます。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

とりあえず男性は明るい方に向かって歩いて行ったといいます。 映画好きの […]• 未だにその意味がなんなのか分かりませんが、わたしが今まで研究してきたパラレルワールドのことについて正しい道を歩んでいたことが分かりました。

3
ホテルの部屋は15階で扉の前にはガードマンが警備していたため逃亡は不可能。 2日目以降も同じことを繰り返し、少しずつ木の枝をずらします。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

ですが不思議なことに、彼の中学生時代の記録も、卒業アルバムも一切ないということが判明しています。

3
何回も言いますがその高校には一回も行ったことありません。 現実の私たちの世界と霊界は常に交差しています。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

帰りは部屋に置かれた奇妙な機械を通して、元の世界に帰されたという。 そしてその違和感をぬぐえないまま、母親に言われた通り掃除をしました、その時同じようにカードをスライドしてみたのですが、戻る気配はありません。 病み上がりだった男性は目を閉じ、同乗中に眠りについていたそうですが、その時よくわからない衝撃があったことだけは覚えているそうです。

10
別世界につながる洞窟 ペルーの首都リマで超常現象を研究しているラウル・リオス・センテノ博士のもとに、体の一部分が麻痺した女性が訪れました。 そのままスーツの男性が電話を終えると、片手を払い「行け」といっているようなジェスチャーをしてきたそうです。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

このような 並行世界に入り込んでしまった話 を聞いても、皆さんはパラレルワールドに行きたいと思いますか?. そこで大量のカブトムシたちを捕まえたそうなのですが、その瞬間に違和感がありました。

女性達は助けを求め尋ねると、やたら背の高い男が現れた。 「あう?あの建物の先のはず。
ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験 ワールド 談 パラレル 体験

女性は急に足が痛くなったので、少しだけ遅れて歩いていたと負います。 目の前の道路が急に6車線に変化したという。 同じパジャマ恰好で、気づけば朝だったといいます。

20
(この女性に話しかけてはいけない)女性が乗り込んで来たら1階に移動する• 「ふんふん、なるほど。 女性達は助けを求め尋ねると、やたら背の高い男が現れた。