レイカーズ 対 ピストンズ。 1月31日(現地30日)の試合結果&ハイライト:レイカーズが接戦に勝利、ãƒ

対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

通算6度のNBAファイナル出場経験を持つシャックは、2000年から02年にかけてコービー・ブライアント(元レイカーズ)らと共にレイカーズで3連覇を達成。

3
デポール大学 [ ] デポール大学での当時28歳の新米コーチ、レイ・マイヤーとの出会いは、マイカンの人生にとって分水嶺となった。 事実上のラストシーズンとなっている選手• (1994-04) 翌を怪我で全休。
対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

歴史 [ ] 1947—1958:始まりとミネアポリス王朝 [ ] 1946年、デトロイト・ジェムズとして創設され、に加盟。 シーズン終了後、改めて引退を表明。 レイカーズは2枚看板のシャキール・オニールとコービー・ブライアントが計25得点に抑えられたほか、二桁得点を記録したのがこの2人のみと、ピストンズのディフェンスの前に成す術がなかった。

19
今はレイカーズ関係の仕事につきながら、さまざまな事業に挑戦している。 しかし80年代のNBAを支えてきたレイカーズの時代はあまりに突然で、そして悲しい形で終幕を迎えることになる。
対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

プレーオフ1回戦ではを5試合で破り、カンファレスセミファイナルのも5試合で破り、カンファレンスファイナルのもまたしても5試合で破り2010年以来となるNBAファイナルに進出した。 :1977-1983 C• :1970年• ラリーバードは 1956 年 12 月 7 日に生まれ、貧しい少年時代を過ごす。 Team 1 2 3 4 Tot. Phil Jackson 1999-2004, 2005-2011• (1976-91) ダントリーと同じく80年代を代表するスモールフォワードで、8シーズン連続シーズン2000得点を達成した最初の選手で、以後のをエースとして支えた。

19
シーズン序盤を躓いたネッツはHCを解任、後任にアシスタントコーチのを昇格させたが、当時リーグ最年少HCだったフランクが指揮を執ってからは13連勝を記録。 472 タイブレークゲーム敗退 ディビジョン準決勝勝利 ディビジョン決勝敗退 over レイカーズ レイカーズ 2, 0 3, レイカーズ 0 1957-58 19 53. バードは頭がよく、元祖 3 ポイントシューターと呼ばれ、 3 ポイントをここぞというとき、また試合を決めるシュートを何本も決める。
対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

ラリーバードは引退を表明していたため、最後の花道をNBAのスーパースターたちに送られることになった。 :2005-2012 C• 6得点(リーグ2位)と2年連続で過去最低を更新した。 647 ディビジョン準決勝勝利 ディビジョン決勝敗退 レイカーズ 2, 1 3 レイカーズ 1 1951-52 40 26. マイカンはこのファウルゲームに対抗するため、アウトサイドからでもショット可能なジャンプシュート習得に取り組み始めた。

5
アトランティック・デビジョンは勝率5割を越えたのは2チームだけで、50勝を越えたチームは居なかった。 リチャード・ハミルトンは安定した得点源として活躍し、テイショーン・プリンスはレイカーズのエーススコアラーのコービー・ブライアントをシリーズ通して抑え込んだ。
対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

:2000-2001、2003-2004 C• 1970年と1980年、1996年にそれぞれ発表された、、には全て選ばれている。 ジョーダンがコートに戻った時にはブルズのリードは16点にまで広がっていた。

5
そしてみごと金メダルを獲得し、ラリーバードにとって最後の花道を金メダルで飾った。
対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ 対 ピストンズ レイカーズ

シーズン前 [ ] ドラフト [ ] この年に行われたドラフトは21世紀に入って以来の最高のドラフトと言われている。 生い立ち [ ] 、ジョージ・ローレンス・マイカン・ジュニアはの小都市、にある飲み屋の長男として生まれた。 2003-04シーズン前、何としてもチャンピオンリングを取りたい大物ベテランの、とを加え「史上最強のチーム」とも呼ばれ、2004年のファイナルに進出したがに1勝4敗で敗れた。

18
: ()• 32 :1979-1991、1996 M C 50 1980年代 プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:8回 優勝:4回• "巨人のスポーツ"となったバスケットの以後の歴史は、このビッグマンたちの影響力を如何にして抑えるかの工夫の歴史でもあり、ゴールテンディング、制限区域の拡大、3秒バイオレーション、スリーポイントシュートの導入などは、いずれもセンターの影響力を制限する効果があった。