東横 線 運行 状況。 東急東横線の混雑具合は?通勤がラクな始発駅・途中始発駅はどこ?

運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

(昭和31年)10月1日 横浜駅 - 桜木町駅間複線化。 通勤特急の歴史• 急行 東横線・みなとみらい線の速達列車の中では最も停車駅が多い種別であり、毎日終日にわたり運転される。

13
(昭和37年) (初代)営業運転開始。
運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

しかし、同年12月運転分からはさらに目黒線内でも急行運転を行い、同時に目黒線から東横線に転線する駅も田園調布に変更された。 東京メトロ日比谷線との直通運転(終了) (昭和39年)8月29日から、 - - (現在の東京地下鉄)間でを開始した。

(平成13年) ダイヤ改正を実施し、の運転を開始。
運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

(大井町線へ転属)• 各駅停車 速達列車の通過駅の有効長の関係で、すべての列車が東急・横浜高速鉄道・東京メトロの車両による8両編成で運転されている。 横浜駅 - 桜木町駅間の鉄道事業廃止届出書をに提出。

17
(昭和27年)• 日中時間帯は1時間に10本設定されており、内訳は渋谷 - 元町・中華街間を通しで運転する列車(線内完結列車)が4本、副都心線直通 - 元町・中華街間を運転する列車が4本(内訳は、副都心線発着が2本、池袋線・発着が1本ずつ)、副都心線 - 菊名間を運転する列車が2本である。
運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

そこで、発表された計画を一部変更し、開業3か月前の2003年11月上旬に横浜高速鉄道所属車両である1本(Y516編成)、東急からは1本(9008F編成)を、長津田工場から東白楽駅付近に仮設された地下搬入線路までトレーラーで陸上輸送し、みなとみらい線内に搬入し、横浜駅 - 桜木町駅間の廃止前に反町駅 - 元町・中華街駅間でのを先行して実施した。 2001年2月6日• 昭和末期になると、さらに混雑が深刻化したため、東横線渋谷 - 桜木町(当時)間を運行する列車は順次20m車8両編成へと増強された。 (昭和46年) 8000系(8019F・5両編成)を使用した冷房車両を使用開始。

電化区間:全線(直流1500V)• かつて、この目黒線の線路は東横線の本線だったが、現在は前述した通り目黒線のほかにもの出入庫列車が走行している。 通常の急行はを通過する。
運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

武蔵小杉駅 - 日吉駅間 目黒線の武蔵小杉駅までの開業に引き続き、目黒線をまで延伸する形での複々線化工事がから着工された。 のデビューシングルのミュージックビデオは、旧渋谷駅再開発工事の現場(現・)で撮影された。

8
ただし、綱島駅については11月に具体案が明示された際、東横線綱島駅から東側にある綱島街道直下に建設する「(仮称)」の設置に計画変更し、さらに同駅は相対式2面2線構造の建設計画であったが、秋に行われた地元住民向け説明会においては、相対式2面2線構造から島式1面2線構造に再度変更された。
運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線 運行 東横 状況 線

2013年3月16日改正ダイヤでは、東急・横浜高速の車両が東京メトロのに8両編成2本と10両編成2本、西武のに10両編成1本、同じく西武のに8両編成1本がそれぞれとなる「」が組まれている。 渋谷駅発着で運転される一部列車を除き東京メトロ副都心線に直通し、直通先の副都心線内では主に平日朝ラッシュ時間帯が急行・通勤急行となる以外は各駅停車となる。

12
朝ラッシュ時間帯における日比谷線直通列車2本を各駅停車渋谷行に置き換え、土休日ダイヤにおいて18時台に特急元町・中華街行を1本増発。