マクスウェル の 悪魔。 「マクスウェルの悪魔」とは何か?わかりやすくご紹介します。

の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

この悪魔は知的な存在である必要はなく、必要なら適切な機械的過程で置き代えることができる。

なお、この世界では学園設定のため熱力学第二法則は普通に知られており、結果最弱になってしまっているとか。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

そして悪魔は扉にやってくる気体分子を交通整理したのですが、私たちの場合はたまたまポテンシャルの高いところに上った粒子(階段の上に上がった粒子、と思って頂いて結構です)の後ろに後戻りできない仕切を入れていくことにしました(図2)。

17
この実験面での挑戦を引き受けたのが、この研究の主役の鳥谷部さんでした。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

生前に多くの理論を残し、没後100年以上経った今なお、多くの科学者に影響を与え、研究を促している。 これを繰り返せば容器の右には速い気体分子、左には遅い気体分子が集まるでしょう。

2
22:334-337; in Maxwell's Demon 2, pp. ただし、その間にも多くの物理学者たちによって、さまざまなアイデアは出されてきました。 デーモンと第二法則の整合性を理解するために情報消去を考える必要は、そもそもない。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

分子の速い・遅いは、すなわちそのが熱い・冷たい状態であることを示している(分子のが速いほど熱い)。

そして、1961年、アメリカのランダウアーによる、「情報の消去」という仕事をする際につかわれるエネルギーのためにエントロピーが増大するというアイデアが、日本の鳥谷部祥一、沙川貴大らによって実証され、エントロピー増大の法則は無事に守られたのです。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

解決までの道のり [ ] この問題は1世紀以上に渡って科学者を悩ませることとなった。

これが、1860年代にジェームズ・クラーク・マックスウェルが提唱した「マックスウェルの悪魔」である。 マクスウェルの悪魔の抹殺 この疑問は発表された1年から111年後のに、の研究員によってようやく解決された。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

1961年、アメリカのコンピュータ産業を牽引するIBMで研究者をつとめるランダウアーが、悪魔に対抗するための新しいアイデアを提案しました。

11
今回、サブミクロンスケールでの極めて精密な加工技術と、リアルタイムでの正確な制御システムを組み合わせ、これまで理論上の存在であった「マックスウェルの悪魔」を、世界で初めて実験により実現しました。
の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル の 悪魔 マクスウェル

関連項目 [ ]• を密閉し外界から全に孤立させたを用意し、その中央をで仕切る。

扉を操作して気体分子を通過させる。