日本 ウォーター テックス。 日本ウォーターテックスの退職理由/離職率/転職のきっかけ(全4件)【転職会議】

ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

この記事の主題はウィキペディアにおける組織の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。 64;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-pack:justify;justify-content:space-between;-ms-flex-align:center;align-items:center;margin-bottom:. 「高齢者対策で熱海署 水道検針会社と覚書」『読売新聞』2011年(平成23年)10月21日付32面(静岡)• 1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. 『下野新聞』2011年2月8日付18面• 2004年には関西支店を設けて西日本にも進出 、2007年時点で検針件数では業界第4位の勢力となっていた。 しかし2007年4月の業務開始時点で充分な検針員を確保できず、大量の検針漏れが発生したことから、4月中旬には日本ウォータテックス側から契約解除を申し出て、都の業務は4月のみで終了した。

15
『毎日新聞』1994年6月23日付(埼玉)。 日本ウォーターテックスの転職・採用情報|社員口コミでわかる【転職会議】. 同年7月にはの水道温泉課より市が庁舎内に設けているお客様センターの業務委託を受けたが 、2010年に委託社員が水道料金を着服する事件を起こし、同社は監視カメラの設置など対策を迫られた。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

沿革 [編集 ] 1988年12月、埼玉宅配の社名で設立、1989年には幸手市から水道業務の委託を受け、以降、埼玉県下で受託自治体を増やした。 「高齢者対策で熱海署 水道検針会社と覚書」『読売新聞』2011年(平成23年)10月21日付32面(静岡)• 沿革 [ ] 1988年12月、埼玉宅配の社名で設立、1989年には幸手市から水道業務の委託を受け、以降、埼玉県下で受託自治体を増やした。

3
同年7月にはの水道温泉課より市が庁舎内に設けているお客様センターの業務委託を受けたが 、2010年に委託社員が水道料金を着服する事件を起こし、同社は監視カメラの設置など対策を迫られた。 この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

「水道事業効率化急ぐ 水需要落ち 収入伸び悩み 受注獲得狙い 企業も急ピッチ 支店開設や業務拡大」『日本経済新聞』2004年(平成16年)9月11日付地方経済面(兵庫)。

45;-webkit-transition:opacity. 「お客様センター 熱海市役所にも 各種業務を民間委託」『朝日新聞』2007年(平成19年)7月2日付朝刊29面(静岡)。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

2007年には東京都水道局の検針業務の委託先に選定され、東京進出を果たした。 基準に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。

11
なお、特筆性が証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。 外部リンク [編集 ]• 『茨城新聞』2013年8月2日付18面• しかし2007年4月の業務開始時点で充分な検針員を確保できず、大量の検針漏れが発生したことから、4月中旬には日本ウォータテックス側から契約解除を申し出て、都の業務は4月のみで終了した。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

(63年) - 設立。 水道の検針業務や料金徴収業務を北海道・東北・関東各地の自治体から受託するほか、一部の自治体とは協定を結び検針の機会を利用して地域の高齢者の暮らしを見守っていく活動も行っている。 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• 特筆性を証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。

3
1996年には社名を日本ウォーターテックスに変更、他県でも受託を拡大した。 625rem;display:-ms-flexbox;display:flex;-ms-flex-align:center;align-items:center;word-break:break-all;padding:10px;-webkit-transition:. 「水道事業効率化急ぐ 水需要落ち 収入伸び悩み 受注獲得狙い 企業も急ピッチ 支店開設や業務拡大」『日本経済新聞』2004年(平成16年)9月11日付地方経済面(兵庫)。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

市場情報 非上場 本社所在地 〒340-0151 緑台1丁目19番11号 設立 (63年) 事業内容 上下水道の検針・料金徴収及びこれに附帯する一切の業務 代表者 代表取締役社長 増田眞理 資本金 1,000万円 従業員数 570名 外部リンク テンプレートを表示 株式会社日本ウォーターテックス(にほんウォーターテックス)は、に本社を置く会社である。 ( 2013年8月) 株式会社日本ウォーターテックス Nippon Water Tex Co. 「お客様センター 熱海市役所にも 各種業務を民間委託」『朝日新聞』2007年(平成19年)7月2日付朝刊29面(静岡)。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。

18
都は従来随意契約で行ってきた検針業務をこの年初めて競争入札とし、日本ウォータテックスは他社より6000万円以上安い価格で落札した。 脚注 [編集 ]• 都は従来随意契約で行ってきた検針業務をこの年初めて競争入札とし、日本ウォータテックスは他社より6000万円以上安い価格で落札した。
ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本 ウォーター テックス 日本

08 ;box-shadow:0 3px 12px 0 rgba 0,0,0,. 水道の検針業務や料金徴収業務を北海道・東北・関東各地の自治体から受託するほか、一部の自治体とは協定を結び検針の機会を利用して地域の高齢者の暮らしを見守っていく活動も行っている。

12
(63年) - 設立。