猛威 意味。 脅威・驚異の違い・意味と使い分け 自然の「きょうい」はどっちを使う?

意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

「振るう」は「大きく振る」「勢いを盛んにする」• … デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』 より引用• その他にも、「このままではサイバー攻撃の脅威にさらされる」「お昼時に脅威情報ニュースレターが配信された」「脅威インテリジェンスサービスを適用する」「脅威のサービスが停止しましたという警告が表示された」などがあります。 専門的な情報源• さらに政友会・軍部・右翼は国体明徴運動を政治利用、各地の在郷軍人会を中心とする機関説排撃運動が全国的に展開されたため、岡田内閣はその対応策として1935年8月3日「国体明徴に関する政府声明」を発し、天皇機関説は国体の本義に反するとした。 これを苦々しく思っていたのが、欧州民族資本のメーカーで構成するCCMCだった。

例えば何かの新製品が売れに売れて大ブームになるとか、アイドルグループの人気が凄まじく広がるといった、楽しいことや好ましいことがすごい勢いで広範囲に影響を及ぼすことは「猛威を振るう」とはあまり言いません。 つまり、脅威は 不利益や恐怖を感じるような場合に使い、驚異は 素晴らしい、喜ばしいことに使います。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

激烈さ• 脅威は威力によりおびやかすことや恐ろしさを表し、マイナスのイメージがある言葉です。 … 秋山瑞人『E. ものすごい勢いで力が及ぶと言っても、ほとんどの場合、 「猛威を振るう」は 悪い意味で使います。 台风肆虐。

次に「収束」について説明します。 研究社 新和英中辞典 2• 明らかに赤痢の症状である。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

火災後に猛威を振るった 流行病 はやりやまいが、丸一年を経て、姫を襲ったのだ。 日本語WordNet 6• 猛威の語源 猛威という言葉は、すさまじい威力や猛烈な勢いを意味し、人々をおびやかすほどの勢いの程度を表す言葉です。

流行病 はやりやまいが猛威を振るっていたことから、光國自身が望んで家人から遠ざかったのである。 これを受けて軍部・右翼は運動の中止を指示、猛威を振るった運動は終息するかに見えた。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

「猛威を振るう」の使い方• 同音の「驚異的」という言葉の方が一般的に使われていますが、驚くほどすばらしいさまを表し、全く異なる意味を持ちます。 EDR日英対訳辞書 1• 猛威の類語 猛威の類語・類義語としては、きわめてはげしいことを意味する「激烈」、性質が荒く乱暴であることを意味する「獰猛」(読み方:どうもう)、物事のようすや人の行動が並外れて激しいことを意味する「荒々しい」などがあります。

15
「奮う」は「心をわきたたせる」• その後、七七八年十二月に、奈良の朝廷は、この猛威を振るう神を官社に列した。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

「猛威を振るう」は新型コロナウイルスやインフルエンザ、台風、山火事といったものがすごい勢いで広まって被害をもたらすという意味で解釈するとよいでしょう。

台風が猛威を振るう。 中世以降の日本では、天狗といえば猛禽類の姿の天狗のことを指し、鼻の高い天狗は、近代に入ってから主流となったものである。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

かと言って、前進も不可能だ。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 例:驚異の回復力で、早々の復帰が期待できそうだ。

分院でもペストが猛威を振るっており、ゴドウィンはペストで死んだ。
意味 猛威 意味 猛威 意味 猛威

この上もなく勢いが盛んで荒れ狂う) 【例文】• オーストラリアでは森林火災が拡大した。 この後。 世界規模で猛威を振るった病気であり、世界各国の膨大な数の死亡者の中には何らかの形で今日に名を残す数多くの著名人が含まれている。

15
また、神通力にも秀で、昔は都まで降りてきて猛威を振るったともされる。