西日本 豪雨。 西日本豪雨に関するトピックス:朝日新聞デジタル

豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

7月8日から豪雨による大量の流木やごみが中部地方から九州の広範囲の海で確認されたため、、、、、の保有する海洋環境整備船「いしづち」等で一般航行船舶の安全確保のため回収を実施。 真備地区被害関連ギャラリー [ ] 広大な空き地に集められた被災車両の数々。 西日本豪雨の被害• 航空 [ ] は直接の被災は免れたものの、などの空港アクセス手段が寸断されたことにより、3日間で合計1500人がターミナルビル内で足止めされた。

20
7日1時30分 - 小田川北側に避難指示(緊急)• では土砂崩れにより住宅が押しつぶされ1人が死亡した。 9月27日復旧。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

また、醸造中に被災し本来の品質が確保できなくなった製品を「獺祭 」として販売し、売り上げの一部を義援金に充てる。 では7月24日、西日本豪雨の発生から県内宿泊施設での予約キャンセルが12万件、食事代や土産代を含めた観光への影響額は推計約45億円に上るとの推計を明らかにした。

また内閣は7月24日、 の規定に基づき、政令 で、平成30年7月豪雨など同年5月20日から7月10日までの間に全国各地で発生した豪雨及び暴風雨による災害を激甚災害(本激)として指定するとともに、これに対し適用すべき措置を指定(7月27日から施行)。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

外国人観光客含め19人が一時孤立した。 2河川とも改修するより、1本だけ河道を広げ、堤防を増強して、2本分の流量を確保すれば、工事費も維持費も安く上がると考えられた。

19
被災数の大半を岡山県・広島県・京都府・愛媛県の学校が占めた。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

名称 平成30年7月豪雨 発生期間 平成30年(2018年)6月28日~7月8日 被害者数(全都道府県の合計) 死者 237人(岡山県66人、広島県92人、愛媛県31人) 行方不明者 8人 負傷者 433人 被害家屋(全都道府県の合計) 全壊 6,767件 半壊 11,243件 一部損壊 3,991件 床上浸水 7,173件 床下浸水 21,296件 (データは2019年1月9日時点) (出典:内閣府「防災情報のページ」) 西日本豪雨は 1府10県で大雨特別警報が発令されるなど、一時はかなり危険な状況にまで陥ったほか、ライフラインなどにも影響を与えました。 - 法面崩落1箇所• 一方、ので開催予定だったが大雨の影響で劇場の営業を見合わせたため中止となった 7月7日から8日にで開催予定のの『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』が中止に。

8km, がれき処理:ダンプカー13,890台分など• 12日以降再開。 その要因は被害者の多くが高齢者であったことです。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

九州地方・山口県 [ ] 山口県では7日までに、で家の中に土砂が入り1人が死亡、また土石流に家ごと流されて1人が死亡、同県では土砂で家が倒壊し1人が死亡。 そこで、豪雨や台風による被害を最小限に食い止めるにはどうすれば良いのでしょうか。

7
四国地方 [ ] 愛媛県では、で7日朝、が満水に近づいたためを行なったところが氾濫し、逃げ遅れた5人が死亡した。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

西日本豪雨の概要と被害 西日本豪雨は 広い範囲で多くの被害を及ぼした水害です。 - 電気室浸水1箇所• その他 7月7日に開催予定のによるの復旧記念イベントが中止。 そうしたなか、愛媛県と同県西予市は12日、市内の避難所にいた男性(70)が急性心臓死で亡くなったことを明らかにした。

爆発事故で全壊した朝日アルミ産業の社屋。
豪雨 西日本 豪雨 西日本 豪雨 西日本

高山本線 - 間(坂上駅 - で土砂流入・線路流失。 以下は、倉敷市真備町での洪水における行政対応の経過である。 では、夏に開催予定のイベントのうち7月1件、8月4件、9月1件が中止予定。

17
四国によると、6時20分からダムへの流入量と同じ量の放出を開始し、6時20分時点で毎秒439立方メートルで放流していたのが7時50分には毎秒1797立方メートルに達した。