松下 電工。 松下電工,Panasonic > EZ9200

電工 松下 電工 松下 電工 松下

その後、に社名変更日と同日に発売される白物家電を一斉に公式発表した(製造開始時期の関係から旧社名での表記となった)。 5月 - 同社初のデジタルカメラ「COOLSHOT II」を発売、および「COOLSHOT」ブランドの展開。 DR33220• (12月28日)• 8月 - 分社の松下電器が松下航空工業に改組、に本格参入。

4
2009年に三洋電機株のTOB開始。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

どれみ 1980年発売。

3
さて、松下電工(現:パナソニック)が1992年より2005年までの期間に製造したナショナル電気カーペット(ホットカーペ・ホッと畳)の一部の製品におきまして、温度コントローラ内部の部品が過熱し、コントローラケースに穴があいて周辺を変色または焦がす可能性のあることがわかりました。 エナジーソリューション事業部• 2008年の社名変更およびブランド統一に伴い、「Technics」ブランドの製品も「Panasonic」ブランドに統一となり、2010年12月をもって「Technics」ブランドの全ての製品は生産終了、1965年から用いられてきた「Technics」ブランドは一旦は終止符を打つことになった。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

ランドリー・クリーナー事業部• 業界で初めてデジタルチューナー専用端子を設けた。 当社の「誠実で革新のものづくり」が評価された。

4月26日 - 「SANYO」ブランドで発売されていた「」を「Panasonic」ブランドで発売開始。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

DR340• この年、分社の松下電器が直接兵器類の部品受注を受けるなど、軍需品中心の生産体制に移行開始。 2月 - 専務が社長に就任。

7
その後、同年6月26日の株主総会において、社名の「松下電器産業株式会社」から「 パナソニック株式会社」への変更と、グループ会社名称の「パナソニック」への統一(一部例外あり)が承認された。 - 英字表記の「NATIONAL」ロゴを国内向け製品に、「PANASONIC」ロゴを海外向け製品、および国内向けトランジスタラジオに使用開始。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

2008年発売モデルを最後に姿を消している。 ・このため、両ショウルームを再構築し、2004年10月5日からリニューアルオープンする。

8
新販売制度(経路の短縮主体)。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

また、国内における「Panasonic パナソニック)」へのブランド統一については、本年10月1日以降に予定していた「National ナショナル 」からの切り替えを前倒しでスタートし、2009年度中をめどに完了するよう進めます。 インダストリアルソリューションズ社(IS社)の電池関連以外の事業領域をベースに、パナソニック インダストリー株式会社• - 旧「スマイるNo. - クボタの住宅建材事業部と松下電工子会社の松下電工外装を統合して発足。 - 社(現・ユニバーサル・スタジオ)を子会社化。

16
株式会社 7月でケイミューホームテック株式会社とケイミュー東京外装株式会社(旧:東京ナショナル外装株式会社)、ケイミュー東住建株式会社が合併。 一時期、やをCMキャラクターに起用していた。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

DR3300• 9月 - 新日本放送(現在の)のラジオ番組『』を番組提供開始。 ケイミュー株式会社 KMEW Co, Ltd. 一審で勝訴したものの控訴され、松下製品の不買運動なども発生。

PLCは、新たに回線を敷設することなくネットワーク対応住宅設備を増設できる手段として、無線LANとともに選択肢のひとつとして提供するもの。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

また、インターネット総合研究所との共同開発が発表されたIPv6対応ゲートウェイ「HX」の展示スペースもあり、IPv6対応の照明設備同士がP2Pで通信し、利用者のふるまいに沿って自動制御される様子も見ることができる。 Human Information Technology Operationの頭文字と日本語の「人」にかけたもの。

15
したがって、ブランド名はパナソニックを使用しているが、社名は「松下電器」のままなのである。
電工 松下 電工 松下 電工 松下

最新版がダウンロードいただけます。 その後にも再び報道された。

19
コネクティッドソリューションズ社 「流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」など• 「GO」は主にラジオ付きテープレコーダーであり、CMキャラクターにはを起用。 8月31日 - 有機EL事業について、産業革新機構主導でとパナソニックの事業と統合しを設立することで合意。