地震 被害。 震度6強の地震 文化財など87件に被害 国宝や世界遺産も

被害 地震 被害 地震 被害 地震

例えば、南海トラフ巨大地震がお昼の時間帯に発生すると、交通網が遮断されることとなり、大阪や名古屋周辺では自宅に帰ることのできない帰宅困難者の数が約380万人にも及ぶと想定されています。

11
全国の鉄道ニュースを集めました• 1994年12月28日 (平成6) (平成6年(1994年)三陸はるか沖地震) 7.6 死者3人、負傷者783人、住家全壊72棟(被害は本震と最大余震を合せたもの)。 8 7 死 68 負 4,805 住家全壊 3,175棟 住家半壊 13,810棟など 平成16年(2004年)10月 6日 茨城県南部 5. 体育館やプール、展示場などの大規模施設ではやが破損・落下することがある。
被害 地震 被害 地震 被害 地震

4 5弱 負 1 なし 【令和元年8月13日現在】 令和元年(2019年)6月18日 山形県沖 6. 9 5強 負 2 住家一部破損 5棟 平成19年(2007年)8月18日 千葉県南部 4. 致命的な被害がない場合でも、強度が低下して地震や荷重に弱くなる。 地震により鉄道施設・道路施設そのものが故障・寸断されている場合には復旧に時間がかかる。 浸水被害を受けた高知市では年が明けても水が一向に引かなかったため、高知市東部では交通機関として船が用いられる日々が続いた。

神田克久、武村雅之、宇佐美龍夫 『震度分布データから推定される歴史地震の震源過程:東海・南海地震を例に』 歴史地震、18号、2003年• C10• また、東北地方から関東地方にかけての太平洋沿岸を巨大な津波が襲った他、東京湾岸地域では液状化現象により大きな被害が出ました。
被害 地震 被害 地震 被害 地震

アスペリティは、微小地震の観測や立体的な地震波速度構造(アスペリティは周囲よりも地震波速度が高い)等により推定できるとされている。 20世紀後半からは先進国を中心にによる救助・救援活動が目立ってきている。 地震計は東西方向、南北方向、上下方向の3種類の地震動の大きさをはかるので、大体の方向(16方位程度)がわかる。

8
【津軽山地西縁断層帯】• なお、2009年より第四紀の区分が変更されたので、現在の区分では「中期の開始以降」にあたる。 9 5強 負 2 住家一部破損 2棟 平成25年(2013年)8月 4日 宮城県沖 6. 1896年6月15日 (明治29) (明治三陸地震) 8.2 死者343人、北海道から宮城にかけて家屋流失全半潰1万棟以上。
被害 地震 被害 地震 被害 地震

外部リンク [ ]• 2 5強 負 1 なし 平成25年(2013年)4月13日 淡路島付近 6. 9 4 負 1 水道管漏水3戸 平成19年(2007年)4月15日 三重県中部 5. 表面波もとに分けられる。

19
原典では1日数十回• 「全国地震動予測地図」 のページです。
被害 地震 被害 地震 被害 地震

地震災害の際の特徴として、余震により救助・救援が妨げられることが挙げられる。

8
被害が大きい地域も6週間で大部分の供給が再開 港湾の防波堤は延長417キロのうち、135キロにわたって被害が出る。 は壊滅し、西に7km離れたところに再建された。
被害 地震 被害 地震 被害 地震

山口県美祢市(旧美祢郡、)では秋吉台麓の厚東川沿いの低地に「口径 1 - 11 m、深さ 1 - 5 m の堆積地ドリーネが150余発生した 」。 また、都市型震災の後に多くみられるが、大震災の原因が住居環境によるものであった場合、などの大型事業によって地震に強いを実施することがある。 その他の経済的損失 農地への被害。

17
さらに、1960年の「チリ地震津波」のような外国の地震によっても津波被害を受けることがあります。 この地震による津波はありませんでした。