ブランデンブルク 協奏曲。 バッハ「ブランデンブルク協奏曲」の解説とオススメ名盤

協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

先生がちょうど留学からお帰りになったばかりの頃に初めてレッスンを見学させていただき、その時に「これ吹いてみるか?」と先生にナチュラルトランペットを渡されて、ブーって小学生な音を出したのをすごくよく覚えています。

2
それに要求される音域の高さ• 新しいチェンバロを前にして、バッハが作曲の腕をふるっただろうことは想像に難くない。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

作曲年代は諸説ありはっきりしていませんが、献呈されたのは1721年のことです。

そのくらい現代のオンリーワンなナチュラルトランペット奏者なのです! そんな彼のブランデンブルグ協奏曲がこちら ナチュラルトランペットの構え方 他の二人と大きく異なるのは構え方ですね。 バロックトランペットについてはこちら バロックトランペットは現代のバルブシステム発明前の楽器であるただの金属の管のナチュラルトランペットに、リコーダーのような音孔を開けたものなのです。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

また、第3番のトランペットはフリーデマン・インマーである。 この中でフロリ レジウムはとくにフルートとチェンバロに、また全体の歌わせ方にもその楽団らしい個性を見せますが、ターフェルムジークの方はもっと癖が少ない感じがしま す。

4
このときにブランデンブルク辺境伯はバッハに作曲を依頼したそうです。 第一番でのオーボエの吹き方も良いですね。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

スラー/レガートの反対に振れる方向です。

10
バウムガルトナー&ルツェルン弦楽合奏団 スイスの名指揮者ルドルフ・バウムガルトナーの代表的録音として知られている1枚です。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

日本が世界に誇るバッハ演奏がまた1つ。 コープマンのチェンバロも「絶好調!」。 当レーベルによる初録音は、この曲集の名目上の本籍地の楽団によるもの。

彼の演奏を聴いてしまうと、 「トランペットの高音は難しい」 というイメージは全くわきませんが。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

先鋭な感じではなく、陶酔感もなく、平常心でゆったりしています。 自然倍音外のFaとLaが単なる経過音としてだけではなく重要な和声音としても求められる 以上の点で、自然なバロックトランペットでの演奏はきわめて困難である。

17
そもそもの録音会社がどこなのかはわからない。 ART処理されたReference輸入盤CHS5 67211 2。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

彼とその楽団であるアムステルダム・バロックの演奏の特徴をひとことで言 うと、力が抜けている、ということになるでしょうか。 2000年3月23~26日、ケーテン城「鏡の間」収録。

(彼は、BOXに含まれるテレマンのホルン協奏曲&トランペット協奏曲集のディスクでは、両方のソロを務めている。 恐らくこの2つの和音の上でバッハ自身が即興的にチェンバロを奏でたものと思われますが、今回ご紹介する動画ではあっさりと次へ進んでいます。
協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク 協奏曲 ブランデンブルク

ただし演奏家情報の詳しいものが全くわからないのは残念。 曲に一貫性はない 「ブランデンブルク協奏曲」は第1番から第6番までで成立していますが、曲に一貫性はありません。

鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン BIS。