ザ ベスト テン 再 放送。 伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」の再放送がスタート。ザ・ベストテン大好き作家が当時の台本(超貴重)から検証

ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

1983年• HBC - 、、、、、、、、、、• 2000年は38時間特別番組『』で放送され、以後2001年より4年間、大型スペシャル番組『 ザ・ベストテン(年度)』として放送。 4月13日、関東地区で視聴率が6. 1978年から1980年までは、年間ランキングでは得点は発表されなかった。

ザ・ベストテン1991年末スペシャル』を放送。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

また、ランキングボードでの楽曲紹介も、2曲以上紹介する際は1曲紹介する途中で次の順位の楽曲のボードが回転するなど、番組進行を早めるために進行速度が速くなっていた。

番組開始時の配点比率は「レコード30:有線10:ラジオリクエスト20:はがきリクエスト40」とはがきのポイントが高く、レコードや有線で20位以内に入らない曲がベストテンに入ることもあった。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

基本的に関東地区のみの放送であったが、関東地区以外の一部の地域でも放送されていた。 必ず地上波のゴールデンタイム、当時と同じ木曜日夜9時ならベストです。 のちに探したものの、紛失していたらしい(後述のDVDにて発言あり)。

9
4月5日 - (TYS)ネット開始。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

それでも視聴者からは正直なランキングの発表に評価があった。 視聴率は22. 公開生放送 [ ] 1983年11月10日は放送300回を記念して長崎からの生放送を行った。 以後、放送順ではなく、スタッフが特に話題を集めた回を厳選して不定期で放送していく。

6
「ザ・ベストテン」再放送第2回は2020年9月放送予定 気になる第2回の放送は9月に予定されています。 司会は黒柳徹子・。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

松田は代表曲の一つであり、この日初ランクインとなった「渚のバルコニー」を披露。 このため翌週の12月7日にはさらに抗議の葉書が届いたが、結局この回には小泉が出演しなかったため、そのままなし崩しとなった。 NHK紅白歌合戦にも精通し、イントロナレーションの暗記、セットのミニチュアを作成するなど、歌番組への偏愛ぶりが数々の番組で取り上げられ、現在多くの音楽番組の構成を手掛ける。

3
いつか「ザ・ベストテン コレクション」を開催していただき、もっと多くの人に、一流の番組制作の極意を伝承していただきたいです。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

2019年7月12日には、にて、21:00 - 22:54に『 復活! コンサートで地方に行っている歌手が、終了後に近くの名所から中継することも多く、はから、はなどからの中継もあった。 これは「ハガキの筆跡が明らかに同じなのに名前が異なるハガキが多数見つかり、中には他人の名義を無断で借用するなど、一部ファンの組織票が目に余る状態になった」ことが理由とされている。 8曲がスタジオで歌われた。

柄沢は基本的にデータの読み上げなどの補佐に回った。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

本当にお金をかけてたと思うし、大道具さんのプライドが感じられる番組だった。

3
「」で1位になった時には、和洋折衷という曲のイメージから、やを紙テープ代わり、さらに風船もで作った「和風くす玉」、あるいはこの曲が通算44週目の第1位の時に小さめのくす玉を44個割って、その垂れ幕に1位になった楽曲を書き記したもの。 第1回放送 [ ] 1978年1月19日に放送開始。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

ザ・ベストテンだけが再放送できなかった理由 「だけ」というのは言い過ぎではありますが、CSチャンネルは当初オリジナルコンテンツよりも過去番組の再放送で加入者を増やしていた現実があります。 司会は、黒柳徹子と久米宏、ゲスト(サザンファン)は、、、、、。

14
さらに、田原俊彦は視聴者のリクエストに応え、スタジオでマット運動を披露し、もんた&ブラザーズは超大物歌手と生電話をすることになる。
ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ ベスト テン 再 放送 ザ

このコラムを書かせて頂く私にとっては青春ではなく、どこか憧れの存在のような番組、それが「ザ・ベストテン」だ。 10月9日、のから、6000人の観客と共に「450回記念 ザ・ベストテンin松本」を放送。 当時の台本を見たら、ベストテンの「過去の名場面集」のVTRがカットになっていたみたいだから、それがクッション(時間調整)になっていたんでしょうね。

18
久米宏が休養明けで司会に復帰したこの週の1位はの「」。