Question: 抗ヒスタミン薬を服用すればよいですか?

抗ヒスタミン薬は、干し草発熱、巣箱、結膜炎、昆虫咬傷や刺激への反応などのアレルギーの症状を軽減するためにしばしば使用される医薬品です。彼らはまた、運動酔いを防ぐために、そして不眠症の短期治療として使用されています。

抗ヒスタミン薬を取る最善の日数は何ですか?

薬を飲むとき:抗ヒスタミン系、ヒスタミンの作用を阻止する抗ヒスタミン干し草の発熱に最も一般的な救済策です。夕方に一度に一度の抗ヒスタミン薬を服用してください。 2日間の抗ヒスタミンティーミング朝と夕方を服用してください。それ以外の場合は、夕方に少なくとも1回投与することができます。

症状の前に抗ヒスタミン薬を取りますか?

予想される症状が前もって摂取できるもう1つの薬は抗ヒスタミン薬で、ヒスタミンの影響を打ち消します。 「鼻のステロイドスプレーとほとんど効果的ではありませんが、症状を防ぐのは非常に良いことができます」とSedaghat博士は言います。しかし、抗ヒスタミン豆は高齢者に危険になる可能性があります。

抗ヒスタミン作用はどの程度早く迅速に行われますか?

通常、抗ヒスタミン錠剤は撮影後30分以内に働き始め、採取後1~2時間以内に最も効果的である傾向があります。抗ヒスタミン薬は、症状が発生したときだけではなく、予防として定期的に摂取されたときにより効果的です。

Reach out

Find us at the office

Agrillo- Boop street no. 29, 52456 Algiers, Algeria

Give us a ring

Davit Amerine
+56 245 340 533
Mon - Fri, 10:00-20:00

Reach out