護衛艦 きりしま。 護衛艦「きりしま」

きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

「きりしま」が埠頭に接岸して、その向こう側に「さざなみ」が停泊しています。

17
寄港の瞬間を見ようと多くの見物客が訪れました。
きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

第34話と第35話では、沖にて「哈爾浜」と「洛陽」と交戦し、による精密を行い、両艦の兵装の破壊に成功する。

14
及び28日、港内及びウラジオストック沖で実施される日露捜索・救難共同訓練に参加した。 抗堪性についても、相応に配慮されている。
きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

艦橋左側から見た前部甲板です。

6
としては、アリソン社のガスタービンエンジン(石川島播磨重工業によるライセンス生産機)を原動機とする(出力2,500 kW)3セットが搭載された。
きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

加えてこの3代目「てるづき」の故郷は「きりしま」と同じ三菱長崎だが、日本海軍の照月もまた、戦艦霧島と同じく三菱長崎で建造されており、深い因縁を感じさせる。 9 防大30期 佐世保海上訓練指導隊副長 10 渡邊秀幸 2016. 上記のとおり、各艦が1回ずつの迎撃実験を行っており、毎回1発ずつを発射していることから、残弾は32発である。

8
『』 「きりしま」が登場。 艦歴 [ ] 「はまぎり」は、に基づく昭和60年度計画3,500トン型護衛艦2226号艦として、舞鶴工場で1987年1月20日に起工され、1988年6月4日に進水、1990年1月31日に就役し、隷下に新編された第48護衛隊に「」とともに編入され、に配備された。
きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

多田, 智彦「世界的レベルのFCS開発秘話海上自衛隊FCS発達史-2-」『』第32巻第11号、ジャパンミリタリー・レビュー、1997年11月、 204-222頁、。

に発生したによるに対し、地震発生から89分後、災害派遣のため横須賀から緊急出港した。 沖を航行していた最中、瞳原種に取り込まれてしまう。
きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦 きりしま 護衛艦

尚、代艦として護衛艦「いかづち」を訪問した。 に出現したに対して、同じく第1護衛隊に所属する他艦とともにを行う。

4
2014年12月31日• 「きりしま」見学記 護衛艦「きりしま」見学記 2002年8月16日 海上自衛隊が誇る護衛艦「きりしま」を見学出来ることになりました。 また度からは、正式に「我が国の防空システムの在り方に関する総合的調査研究」に着手した。