大原 ななこ。 紗ゆり

ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

35歳・独身。 (母)• 野原家に泊り込むことが多く、大半の理由は「ばあさんと喧嘩して秋田から逃げてきた」、「東京の秋葉原で遊び金を使い果たしてしまい、秋田へ帰る費用を失くした」等、自身が窮地に陥った際の逃げ道であるため、野原兄妹は喜んでいるものの、野原夫妻からは迷惑がられている。 そのため妻のつる曰く、免停寸前であるらしい。

12
(ハードブルーム)• 折しも撮影旅行の助手を探しているところだった彼女はむさえに助手の話を持ちかけ、むさえは女性写真家の信念に自らが求めていたものを見出し、快諾。 しかしその性格が災いしてか、アニメでは存在が抹消されている。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

石坂 純一(いしざか じゅんいち) 声 - (第17話Bパート~)(1992年8月24日~) みどりの夫。

ひろし・せましの姉の娘。 妻子持ち(妻:シーラ・ロボ、子:カンタムJr. 北本の姉がアメリカ人と結婚したため、その息子である。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

「こんどいっしょにしーそーにのってください」と書かれたマサオの想いは届かず、しんのすけと一緒にシーソーに乗ってしまう。 嫌いな食べ物は、 [ ]。

10
アニメ版では失業の経緯や連図との出会いは大体同じだが、居候期間が原作より長い上に野原家を出た後も準レギュラーとしてちょくちょく登場している。 サングラスをかけ、黒いスーツを着ている。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

また別の話では、ペンを失くしたことで原稿が書けないということになり、しんのすけがペンを見つけたらななこを嫁にやるという約束をしてしまう。

14
みね子と比べてかなり若く描写されている。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

1991年• 金有タミコ(かねあり タミこ) 声 - 映画『ムービー オブ カスカベ 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』に登場。 (ななこお姉さん) 2010年• それによって漫画は2010年9月号より『新クレヨンしんちゃん』のタイトルで連載が再開された。

(おばさん) 1997年• 男勝りでガサツな所はあるが、明るく面倒見の良い性格で親友のななこの事も大事にしている。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

メグミ 声 - こおろぎさとみ(第82話Bパート~)(1994年1月24日~) マサオが惚れているピンクのリボンをした女の子。 2011年• (母親)• 子供どころか個性的な教員たちとの対応にも苦慮する場面が多く、そのたびに落ち込んでいるが、実際はしんのすけを含めた園児たちに非常に慕われており、職員や保護者たちからの信頼も厚い。 ベストジーニスト賞受賞。

2
(草壁湊)• も趣味としており、本格的な装備を用意し、たびたび一人でボウリング場へ練習に行くほどだったが、園内ボウリング大会でまたしても園児たちや妻の志麻を含む先生たちに相手にされず、最後は無断でシロを連れ込んで反則技を行ったしんのすけのせいにより、責任者としてボウリング場から出入り禁止を言い渡される羽目になった。
ななこ 大原 ななこ 大原 ななこ 大原

その一方で教育熱心な一面もあり、塾通いが嫌になったトオルに「塾に行かないといい小学校に行けない」と発言したことがある。 フィットネスクラブのインストラクターのアルバイトをしている。 音楽はよしなが先生とは対照的に好き。

ただし『新』7巻では園長がネコを飼うのを快く許している。 しんのすけのことをチンチャンと呼び、北本のことをマダム北本と呼ぶ。