アナベル ガトー。 アナベル・ガトー

ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

スパロボシリーズの名台詞 [ ] 戦闘台詞 [ ] 「長い砲身にはこういう使い方もあるんだ!」 で「零距離メガビーム砲」を使う際に叫ぶ。 シャアが自ら名乗らず、またノイズの激しいモニター越しであったため、ガトーはシャアと認識できなかったが、その戦いぶりに同志として敬意を表していた。 しかし大抵の場合はバニングの方が能力が高かったりガッツ等の優秀な特殊能力を持っていたりするためやや影が薄くなりがちではある。

8
ただ、ガトーというキャラクターが魅力的なキャラクターであることは間違いありません。 乗機はGP-01Fb。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

ならば、なおの事、私を放っておいてほしいものだ」 「第13話 駆け抜ける嵐」より ガトーは、ニナの助けもあって、コウの銃口から逃れます。 デラーズ・フリート参加時に昇進。 「砂漠の虎」ことを撃つことに躊躇うに言った言葉。

また、の武装選択イベントでは彼の意見で装備が決定される。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

その事から軍人を続けていくべきか迷うが、との出会いと戦いによって、軍人・として成長する。 止むを得ず艦のドックに残されていた試作型リック・ドム(デラーズ専用機) に乗り換えて再度出撃しようとするも、デラーズに説き伏せられ彼と共にア・バオア・クーの戦線より離脱する。 基本的には『』設定で登場する事が多い為、年上の上官という存在だが、本来のの設定ではアムロと同年代である。

16
(かなり名セリフの選び方に偏見が入りました。 究極的には己の美学を優先する傾向にあり、ソロモンへの核攻撃に際しては、奇襲が絶対に必要とされる作戦でありながら、天命を占わん、とばかりに「出撃」の信号弾を揚げてしまっている。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

このときにと恋仲にあり 、同様にに滞在していた戦友であるとも交流があった模様である。

7
いえ、忘れてたわ!」 と返し、 ガトーは 「私はジオンの再興に身を託したのだ」と話します。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

[ ] 同様のガンダム強奪イベントで初登場。 [ ]• そのストイックな生き様や印的な発言、劇中でのの如き活躍から、多くのを持つであるが、 彼が信奉したの正当性を疑問視する意見や彼自身の的な性質により、評価が二分されるでもある。

11
- ゲルググはアナベル・ガトー専用ゲルググを演者としており、ガトーを髣髴させる台詞がいくつか見られる。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

その後のコウには「目覚ましい戦果をあげた乗機が記録より抹消されたエピソードから伝説のパイロット視されるようになった」という設定や、「の台頭後にに参加した」という説があるが、定かではない。 いわば「敵方の中心人物を討てなかった主人公」の印象が強く、アニメシリーズの制作順列的にもその点が膨らまされがちである(もっともその点はも同じなのだが)。

7
この時ニナと再会するが、コウにその隙を突かれ脇腹を負傷。 続くア・バオア・クー攻防戦では、グリーンとブルーのパーソナルカラーで染められたMS-14A ゲルググで出撃。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

地球連邦はデラーズ・フリートを恐れながらも、行事である観艦式を行います。 には緑の胴体に青い四肢というパーソナルカラーに塗り分けられたで参戦していたが、戦闘中に乗機の右腕が流れ弾で損傷。 強靭な心身の持ち主で、「星の屑」最終局面ではウラキに撃たれ腹部に重傷を負った状態でコロニー落としの最終軌道調整をやり遂げ、試作3号機との戦いに勝利し、更に連邦の追撃艦隊との戦いにおいては生存兵を束ねて敵陣に突撃、その突破のために最期まで戦い続けた。

20
ガンダムGP-02を強奪しようとしたアナベル・ガトーを阻止するため出撃したコウ・ウラキを軽くあしらった時のセリフです。
ガトー アナベル ガトー アナベル ガトー アナベル

武器類 エアブラシ塗装が終わったらパーツを組み上げていきましょう。 表面処理 〜 塗装 仮組みが終わったら、表面処理をしていきましょう。 コウは 「は、はい…」と返します。

同基地からMk-82核弾頭搭載のを強奪し追撃の手を振り切りながら、アフリカ方面へ逃亡する。 なお、この時の搭乗機は明確には設定されていないが、用ゲーム『』では、ビーム・バズーカを装備したに搭乗しているシーンが収録されている。