名鉄 1700 系。 名鉄1700系(新塗装・1702編成)の違い « GM通信

1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

いずれにしても、土川が展望車の実現を望んでいたことは確かで、に役員会で展望車の企画が通ったときには、嬉しそうな顔をしながら白井に企画が通ったことを伝えたという。

8
7月13日 - にて1600系としてのが実施される。
1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

名鉄でも積極的に試乗会などを行い、運行開始までに20,000kmほど走行することになった。 台車は7700系と同様のFS384に変更され 、座席のモケットの色も7700系と同様にスカーレットに変更された。 2200系一般車との共通点 [ ] 方先頭車のモ2300形には乗務員室直後の座席と側窓がなく、ロングシートの比率が高い。

6
車体 [ ] 全長20,000mm 、車体長19,300mm で、車体幅は2,730mmである。 このため、ほとんどの列車で乗務員交代のある において、構内配線が1984年に改良された際には 、パノラマカーの乗務員の頭部負傷事故を防止するため 、ホーム上屋の端部を持ち上げて二重にすることで対応した。
1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

・白井良和、井上広和『日本の私鉄4 名鉄』、1982年。 主電動機の回転力をに伝える方式はでは5. Series 1700マーク もっとも、必要な時に増結するだけなら、多少相性が悪くても大丈夫なのですが、常に繋がっている編成で相性問題が出てきて、故障も頻繁に出るとなると、差し替え 廃車 にするしかありません。

3
本系列の開発の段階では、へのと当時有料特急の昼間の輸送力の適正化も考慮され、従来の1000系より1両少ない3両編成となった。 モ7000形 7000系の編成において両端の先頭車となる Mc1,Mc2。
1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

これとあわせて、宣伝用の短編映画『ぼくらの特急』の撮影も行われた。

2
僕の紹介は執筆者紹介に書いてあると思うので、ここでは省きます。 中の名鉄2200系 これらの形式は従来運行されてきた前面展望を売りにしたグループに代わって、21世紀における名鉄の特急形標準車両として導入されたグループである。
1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

基本的な構成はほぼ同時期に登場した3300系通勤形電車を基本とし、座席は紫色の転換式クロスシートとロングシートをドア間毎に交互に配置するセミクロスシート配置で、中間車3両は3300系1・2次車と同様にクロスシートとロングシートの割合が約半々で窓配置も同様であるが、岐阜寄りの先頭車であるモ2300形は豊橋寄りのドア間1区画4列のみがクロスシートであるため、他の車両よりもロングシートの割合が多い。 この時の増備車からは、支線内において車両直前の安全確認を行えるようにするため「フロントアイ」と呼ばれる機器が前頭部に設置された。

9
また、1984年には6両編成のうち4本が4両編成化された が、捻出された8両のうちモ7062・モ7064・モ7161・モ7163の4両は、に機器を流用するため廃車となり 、冷房装置はのの冷房化改造に使用された。
1700 系 名鉄 1700 系 名鉄 1700 系 名鉄

やの電源には75 kVAの SIV を採用、制御装置と一体化しており、制御装置の製造メーカーがSIVも製造しているため仕様は同じだが型式が異なる。 (平成28年)• 通常は非公開となるがイベント時のみ公開される。 なお、1971年9月3日には犬山線との間にある踏切で、警報機を無視した2. その成果が反映されたのがである。

18
前面は6000系と5500系を合わせた上で近代的な感覚にまとめることを意図した もので、平面ガラスで構成されたパノラミックウィンドウとした 上で、窓の中継ぎ柱を黒色とすることで1枚ガラスに見えるように配慮した。